Pocket

東日本大震災後、福島原子力発電所が停止し、全国的な計画停電が行われた。今後このような電力不足ならないためにも私たちはエネルギー資源の供給を積極的に行わなければならない。
しかし、エネルギー資源の供給を行うにはいくつかの問題点がある。





まず第一に、環境に配慮した安定的なエネルギーの供給が必要である。今後再び電力不足による計画停電が行われないためにも、行政は安定的なエネルギー資源の確保が急務である。二つ目に、国民の節電に対する意識である。国民一人一人が節電に対する意識を高めることができなければ、エネルギー資源の確保は難しい。そして3つ目に復興の加速化と福島の再生である。福島の復興加速のために再生可能エネルギーによる経済回復が望まれる。
では、このような問題点に対しての解決策を考えていきたい。
まず、第一の安定的なエネルギーの供給に対しては、太陽光パネルなどの再生可能エネルギーの推進していくことが重要である。太陽光パネルを使った太陽発電は環境に影響を及ぼす二酸化炭素を排出することもなく、エネルギーを生み出すことができる。

また福島県では、県内の住宅に太陽光発電設備を導入する方を対象に、福島県住宅用太陽光発電補助制度を実施し、補助金を交付している。


このように、環境に配慮したエネルギーを確保するためには行政は、再生可能エネルギーの推進をするとともに、それを導入した企業または住民に対して一定の補助金を設ける必要がある。
第二の国民の節電に対する意識に対して、行政は国民や企業に向けてエネルギー問題に対する説明会を実施する必要がある。例えば、行政や大学が連携し、住民や企業に節電の促進と環境教育の徹底を発信し、環境配慮行動のきっかけを作る働きかけをするのもよいと思う。

このように国民一人一人が節電に対しての意識を高めるために、環境配慮行動のきっかけ作りが必要である。
第三の復興の加速化と福島の再生に対しては、福島県の強みであるエネルギー産業を日本全国に訴え、福島の復興だけではなく、地方経済の回復を目指す必要がある。2015年7月には東北経済連合会と日本経済団体連合会が福島県で初の東北経済懇談会が開かれ、共同声明を採択した。この声明では東北の再生に向け、ロボット、医療関連、再生可能エネルギーの産業集積による新市場参入などを目指すよう提言した上で「東北地方、とりわけ福島県の復興なくして日本の再生はない」としている。

このように安心安全なエネルギー資源の確保をするためには、福島県のエネルギー産業を東北、そして日本全国に訴え、復興と地方経済の回復を目指す必要がある。
以上のように私はエネルギー問題に対して論述してきた。電力供給の柱だった原子力発電が次々に停止する中、行政は節電だけではなく、環境に配慮したエネルギーの供給を推進していかなければならない。また福島県の復興のためにも、再生可能エネルギーの開発は今後重要になってくる。