Pocket

七月十八日に公開されたアニメーション映画「インサイド・ベッド」が早くも史上最高傑作との呼び声で、高評価を得ています。
こちらの作品はピクサーが手掛けたのですが、ピクサーとディズニーの違いをきちんと理解していない人もいます。





私もあまり理解していない一人で、ディズニーはミッキーやプーさん、ディズニープリンセスなどのおとぎ話の住人のようなキャラクターがメインのアニメを製作していて、ピクサーはトイ・ストーリーやカーズなどのアニメの王道的なキャラクターがいる作品を製作しているのかな?などと思っていました。

ピクサーとディズニー、二つの製作会社がの違いが分かりにくい背景には、「ピクサーの作品はすべてディズニーが配給している」ことにありました。
すなわちディズニーはピクサーの土台なのです。


0218
元々ピクサーは小さな独立企業でした。
そのピクサーがディズニーと並ぶまでの間には三人の創業者が関わった非常に重大なストーリーが隠されていました。
一人目のエド・キャットムの夢は「全編CGアニメーションの長編映画を作ること」でした。
彼はその夢が叶うことを信じ、行動したため、3Dアニメーションにおける多くの技術革命を残しました。
二人目のジョン・ラセターはディズニーを解雇された後、ピクサーに再就職しました。
そして、ピクサーの技術を対外的にアピールしていきました。
大きな企業をクビになったにも関わらず、新たな挑戦をするジョンさんはカッコいい人だと思います。
三人目はあのアップル社を創った、スティーブ・ジョブスでした。
彼は自らが創ったアップル社を追放された後、ピクサーを買収し、新会社に変更します。
以後、ピクサーの経営を中心となって支えました。
ジョブスさんがアップル社を追放されたことがあることに驚きました。
アップル社にもピクサーにも功績を残したこの人は偉大な人だと思います。
中々真似できることではありません。

三人の男たちが夢を諦めずに頑張ったことで、ピクサーはディズニーと独占契約を結ぶことができました。
三人のアニメーションにかける情熱は並みのものではないでしょう。
そうして公開された「トイ・ストーリー」のヒットを筆頭に公開された作品が次々とヒットしていきました。
4642
ディズニーの夢や魔法ではなく、ピクサー側の血も滲むような努力でピクサー会社はアニメーション映画界の勝ち組になったのです。
ディズニーも、ピクサーを買収することで低迷していたディズニーアニメーションを復活させることができました。
ディズニーが力を発揮できるのは、ピクサーのお陰でもあるのです。