Pocket

台風12号予想進路図

台風の季節となり今後もどんどん熱帯低気圧が発生すると思うので、速報の台風情報を送りたいと思います。復活した強い台風12号(ハロラ)は中心気圧 955hPa(ヘクトパスカル)で時速20kmの速さで西北西に進んでいます。昨日までは進路が前台風11号と同じ進路だったのですが、現在の台風12号は九州に接近してきました。





今後も、台風12号の進路が変わるかも知れないので台風情報はネットやテレビなどで知って頂き、くれぐれも災害に巻き込まれないように注意していただきたいと思います。

25日の台風12号予想進路図

 

1234

 

25日の台風12号の進路情報です。これは日本の台風進路予測ですが25日の15時が沖縄付近に12号の中心が来ますので沖縄は暴風域になる予想です。一方、米軍の台風予測も最近では精度が高いと話題に上がっていますので米軍の台風予測と比較してみましょう。

米軍台風予想進路と日本の台風予想進路との比較

現在の台風12号は日本の台風情報では、台風の中心が宮崎県の日向灘を通過する進路予想です。しかし、米軍台風情報はというと、日本海側を通過することが予想されていて、台風の中心が長崎を通過することになります。

この米軍の進路予想だと太平洋側を通過するより、雨・風共に非常に強くなり被害が大きくなる可能性が高い進路です。

どちらにしても、被害が出そうな建物や農作物の管理にはくれぐれも注意していただきたいと思います。


1234

米軍の台風進路予測では25日の台風の中心は日本の台風情報と比較すると、かなり近いです。25日の午前6時が最も沖縄に近い予想となっていて、最大風速40m最大瞬間風速が50mです。長崎を中心が通過する26日午前6時は最大風速30m最大瞬間風速37mです。

122

 

 

台風接近中です!台風対策は万全ですか?

台風には強さがあり、12号は猛烈に強い台風ではありませんが、台風は台風です。甘く見てはいけません。台風対策は万全にしておいてください。

付近の河川が氾濫したり、家付近の山が崩れたりする可能性はありませんか?もう一度確認してください。そして最悪を想定して行動することに心がけましょう。

台風が接近する前に準備しておく物

  • 懐中電灯・ろうそく  いきなり停電する事はよくあります。懐中電灯・ろうそくがないと不便ですから、必ず用意してください。
  • ラジオ・乾電池    情報は大事です。携帯電話は込み合いすぎて使えなくなります。
  • 現金
  • 通帳と印鑑
  • 非常食・飲料水(3日分)  台風災害が予想以上に激しい場合、交通手段が止まる可能性もあります。非常食・飲料水は最低3日分は準備しておきましょう。
  • (風呂おけに溜める水) ライフラインがストップすると便所もお風呂も使えません。水は台風が接近する前にお風呂に貯めておきましょう。