Pocket

東京都のスポーツ事情

区内には地方よりもスポーツを楽しむことができる環境が身近に置く整理されている。

東京ドームのスポーツ観戦はもちろん、スポーツジムや皇居周辺でのランニングなど忙しい人もスポーツに触れることができる機会が多い。





加えて東京マラソンなど、市民が参加できるスポーツ大会も多い。そのため、東京都のスポーツ年間行動者率は全国で2位であり、多くの人がスポーツに親しんでいるといえる。

しかし、この数字は年々減少傾向にあり、バブル前などと比べるとかなり下がっている。スポーツは身体的・精神的な均衡につながるだけではなく、世代の異なる人と交流することができる機会もある。

このことからスポーツを日常的に楽しむことは、多くの人が目標としている健康の促進や高齢者の生きがいづくりだけではなく、孤独死対策にもつながる。

したがって、特別区は子供から高齢者まであらゆる世代のある人が、生涯にわたってスポーツを楽しむことができる環境を作っていかなければならない。

では、具体的にはどんな取り組みを講ずるべきか。以下は、スポーツ負担することができる環境づくりとスポーツの推進などへの取り組みについて論議する。

スポーツの環境つくりと推進

まず、スポーツを楽しむこともできる環境づくりについて述べる。

この点、地域スポーツクラブの推進や育成が考えられる。各地域には、さまざまなスポーツを楽しむことができるクラブが存在する。

このように、各区がスポーツクラブを推進し、紹介することで多くの人が自分に合ったクラブを見つけられることができる環境づくりの指標であると考える。


またスポーツを楽しむことができる場の提供も重要であると考える。例えば、江東区では、区南部地域を中心としたマラソン大会である、「江東シーサイドマラソン」を開催しており、様々な年齢層に参加を促し、スポーツの推進を図っている。

さらに、行政が地域スポーツクラブに対して積極的に小中学校を貸し出し、スポーツを行うことができる環境作りも必要であると考えられる。ほかにも気軽に参加できる散歩コースの構築なども有効であろう。
次にスポーツの推進について述べる。区は今までスポーツに親しんできた人だけではなく、スポーツをしてこなかった人も巻き込んでいく必要がある。

よって、スポーツの楽しさや素晴らしさを伝えていくことを通じて、スポーツを推進していく必要がある。この点、世田谷区で行っている親子スポーツ観戦事業などの推進が有効であると考える。これによりまだ小さな子供でも親と一緒にスポーツを楽しむことによって、この時期からスポーツに興味を持つきっかけとなる。

こうしたスポーツ観戦の機会を通じてスポーツの楽しさを知ることができるため、スポーツ推進することへの動機づけにつながると考えられる。

ほかにも、多くの区が行っている、区内のプロスポーツチームとの交流などを通じて、積極的にスポーツの楽しさを伝えていくことも重要であると考える。

このように、今までスポーツと疎遠であまり知識がない人に向けて、まずはスポーツ観戦から始め、そこから自分の興味のあったスポーツを楽しむことが重要であると考える。そしてまだ小さな子供がスポーツに興味を持って、楽しんでくれることも期待していきたい。

まとめ

スポーツは、区民が心と体の健康保有効な手段である。

また地域コミュニティーの形成にもつながり、地域コミュニティーが希薄化した現在、スポーツの推進は非常に重要である。

東京では2020年に東京オリンピックが開催され、多くの人がスポーツに注目を浴びる。多くの外国人観光客が日本を訪れた際には、スポーツ施設の管理や観光客との触れ合いの場を今後提供していかなければならない。