Pocket

ロシアの大統領とプーチン氏が25日までに、国内内務省の職員約11万人を大量解雇する大統領令に署名した。との事です。
事の発端ですが、ロシア経済は、今原油価格の低落やウクライナとの危機等から欧米の経済制裁等で打撃を受けて来ています。

view0017146065

近年、稀に見ぬ最悪規模の苦境に陥っています。今年は、2009年以来のマイナス成長に陥る見通しとなとおり、ウクライナ問題をめぐる米国と欧州連合(EU)による制裁で国際資本市場からの資金調達や掘削技術の輸入が難しくなる中、ロシアは投資不足に直面した事になってしまいました。





又、ウクライナ情勢をめぐり、ロシアに対して経済制裁は、かなりの痛手である。報復措置としては、制裁発動国からの農産物等の輸入禁止を発表。

欧米とロシアでの経済制裁応酬となっています。『西側』が、ロシアを制裁したのは、今年の3月にロシアが、クリミア併合を宣言した事です。

その後、ロシアが、東ウクライナに、義勇兵を送りこみ、都市の占領を続けた事、又、7月のマレーシア航空撃墜にロシア義勇兵が絡んでいた可能性が強い事により、対口制裁は、数次にわたって強化されています。

その内容の財産は、ロシア政府、財界要人の入国禁止、エネルギー開発関連技術の供与の禁止、及び在外資産の凍結が主なものでした。

更に、今年の7月には、米国が追加制裁を発表されました。それには、ロシアのエネルギー関連案件及び大銀行への融資の禁止、エネルギー開発関連技術の供与の禁止、又、EUが発表した追加制裁には、ロシアの投資案件に対する融資の禁止が含まれる事になってしまいました。


EUは、これまで対口制裁を強化する様に米国からの圧力からもね対抗して来ましたが、マレーシア航空の乗客に、オランダを初めとするEU諸国国民が、多数いたことから、世論の対口反発が高まってしまい受け入れてしまいました。

最初は、『西側』の制裁に対しては、タカをくぐっていた様に見えていました。実際に、早い段階から、ロシアの実業家達は、プーチン大統領に、慎重な対応を求めていました。

ロシア事態の制度が不便で有る事、投資機会が少ない事から実業家達は、西側での資金運用をしている為、それを捕捉、凍結されては、たまったものでは、なくなるからでした。
ロシア国内では、資金不足しているのに、ロシア中銀は、7月末、ルーブル下落を防ぐ為金利を上げました。ロシアの経済は、昨年から停滞の様相ヲ強めているので、(昨年実質成長率1.3%)、これからの要因は、景気をさらに冷やす方向に作用し、今年のロシア経済は、マイナス成長に落ち込み可能性がますます出てきた訳です。
解雇されている部署は、大半の解雇部署は、事務部門となっています。内務省は、警察、治安担当の民兵組織や道路の安全管理対策部門等が有る部門です。

解雇雇に至る案迄ロシアが、出していた方針 は、今年政府省庁の予算、国防関連を除き、一律10%削減する措置を行っています。更に、プーチン氏も今年3月、自身も報酬1割減を打ち出して来ました。
あらゆる策を高じていますが、うまく経済の建て直しには、繋がっていない様です。
これまでも、プーチン氏の戦略には、負の連鎖しか起きておらず、我が国日本だったら、どうで有っただろうと、いつも考えさせられる、ロシアの大統領。

あり得ない政策の中に回路は、有るのに、自身の信念を貫いています。ロシアは、日本には、今のところ、制裁は、しておらず、友好ムードを出しています。武道家として時々、黒帯姿を披露しており、お茶目にさえ映っています。
しかし、国内ならずに周辺国は、たまらない!と、思います。ますます、プーチン氏から目が離せなくなってしまいました。