Pocket

循環型社会とは

循環型社会とは、資源の消費量の削減、非効率的な利用を制限して、限りある資源を有効利用するものである。近年では、再生可能エネルギーの開発が進められており、環境に影響を与えないような社会つくりが求められている。

このように循環型社会は日本の環境保全を考えるうえで、とても効果的な政策であるが、さまざまな問題点もある。
では循環型社会の何が問題となるだろうか。





 

廃棄物処理場問題

まず、第一の問題点として、廃棄物処理場の処分地問題があげられる。 日本には多くの自然と多くの建物がある。

もしその場所が廃棄物処理場となってしまえば、近くに住む住民は立ち退きを勧告させられる可能性もあるし、自然も破壊されてしまう。

またこれは廃棄物処理場の処分地問題だけではなく、ダムの建設や福島第一原子力発電所事故による放射能物質の中間貯蔵庫問題にも当てはまる。

このように廃棄物処理場の問題に対しては、ダム建設や放射能物質の中間貯蔵庫問題などがあるが、これに共通しているのは、住民や自然に悪影響を及ぼしてしまうことであり、十分な理解と承認が必要である。

 

再生コストの浪費

第二の問題点として、再生コストの浪費があげられる。最近は私たちの周りに再生可能資源(例えば再生紙を利用したトイレットペーパー)が多くなり、その料金も安く、手に入るようになった。

しかし、いくら再生利用商品を多く作ろうとしても、それを作るコスト建設費用が高くなり、かえって無駄使いが多くなってしまう。

このように再生資源を利用した商品を多く生産したとしても、かえって無駄な消費が多くなってしまう。


前述したような問題点を解消し、環境に対する悪影響を除去した環境負荷の少ない社会を形成していく必要があると思われる。

ではどのような対策をとっていくべきであろうか。

 

住民の理解と自然の保全

まず、第一の問題点に対しては、廃棄物処分場の建設を住民に理解してもらうことと、自然を破壊しないように、最善の力を尽くす必要がある。

まず住民の理解については、近くに廃棄物処理場ができても、特に身体に影響ないことや周りを厚い防御壁で囲むなど、最善の対策を住民に伝える必要がある。

住民の方が安心して暮らせるように、十分理解したうえで処分場の建設を行ってほしいと思う。また、周りの自然を破壊しないためにも、自然に悪影響を及ぼすような有毒ガスや処理場からあふれ出た廃棄物のごみを出さないようにする必要がある。

そのためには日々の設備点検や管理、監視作業をしっかりと行う必要がある。このように廃棄物処理場の処分地問題は、住民だけではなく、自然にも影響が出ると考えられており、それを防ぐためには住民の十分な理解と、日々の管理監視体制の強化が重要である。

 

再利用の心がけ

次に第二の問題の再生コストの浪費に関しては、私たちが再利用できるものは自分たちで行う意識が必要である。例えば、いらなくなった新聞紙をごみ箱の周りにつけることで脱臭効果が期待されたり、いらなくなった服をただ捨てるのではなく、古着屋に売ってまた違う人が着るなど、私たち自身で再利用することが必要である。

また、ただ物を捨てるのではなく、新たに違う人が利用してくれると期待することも必要である。このように再生利用コストを浪費させないためにも、自分たちの周りで再利用することが重要である。

 

まとめ

循環型社会を推進していくためには、廃棄物の処分地問題であったり、再生コストの浪費問題といった様々な問題がある。

儒運管型社会が話題となっている現在、私たちの再生資源の活用法や廃棄物業者の日々の努力が必要になってくる。