Pocket

小泉進行次郎氏に初ロマンスと、言う事です。

小泉進次郎氏は、第87・88・89代内閣総理大臣、小泉純一郎総理氏の次男で、超がつくイケメン、議員です。

そんな彼に初ロマンス?と、報じたのは、文春報道です。
進次郎氏の初ロマンスに、上がった、お相手のかたは、復興庁元職員30歳女性と言う事です。





その方と、ホテルに2時間滞在していたとの内容です。

 

又、スポニチアネックスの内容は、 自民党の小泉進次郎衆院議員(34)に初のロマンスが報じられた。

きょう5日発売の週刊文春(文芸春秋)が伝えており、相手は30歳の復興庁元職員。

 

同誌によると、7月下旬深夜、都内ホテルに時間差で到着し、2時間ほど共に過ごしたと、言う内容の記事です。

小泉進次郎氏は、1981年4月14日生まれの34歳。神奈川県11区の自民党衆議院の議員です。

 

当選回数は、まだ3回と、回数こそ浅いが、将来の優良株には、間違い無い方です。

 

今の立場は、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官と言う立場です。

兄は、俳優の小泉幸太郎さんで、これまた、イケメン俳優さんです。

しかし、イケメンのお二人になかなか、お相手が、いない方が不思議な話しでならなかった。

 

しかし、実際の話しは、モテない訳もなく実は、父親の純一郎氏が、全信頼している姉信子さんの存在が、有るとの内容も時々見えています。

 

更に、進次郎氏の場合は、『将来の総理とも言われている』ので、政略結婚とも言える政財界からの縁談もたくさん持ち込まれています。

 

進次郎氏としては、自由に恋愛をしたいと思いながらも、これからの政治家をやって行くに為には、そうした縁談話しを無下に出来無い、事情も多少有るのかも知れないです。

 

一方では、そうした思惑で例えば、政界の令嬢と結婚したとなれば、地元住民や後援会関係者から馴染めない、お嬢様が嫁に来たと嫌がられる事などもあり得ると言う観点から慎重にならなくてはならない。

と、の声も有るとか無いとかです。

 

更に、父親の全信頼を受けている姉の信子さんの存在は、かつて父親の純一郎氏自身が離婚をしておりその離婚後、母親代わりに育てたと、言う事です。

 

信子さんは、長い間、秘書として父親の純一郎氏を支えており、信子さんのお眼鏡に合う女性選びも大変そうに思います。


 

かつて、幸太郎さんと進次郎氏が、行きつけのお寿司屋でこぼしていた愚痴を聞いていた店主が、『二人は、『俺達は、結婚出来無いかもよ!』とこぼしていた』と、聞いた事が有るようです。

 

結婚式に誰を呼ぶかでさえ、悩むだろうし、ましてや席順まで考えなきゃいけない!と、なると思うと、吐き気がする。

 

って、なんだかかなりの深刻ぶりが見えて来ます。

しかし、二人とも結婚しないでよいはずは無いし、ましてや議員さんともなれば、やはり結婚して一人前と世間は、考えている様なところが有ります。

 

 

勿論、世間ていを、気にして結婚しては、欲しく無いので、自由恋愛で本当に、好きな人と結婚して頂きたいですがね。

 

8966

しかし、イケメンの年頃の男性が、ちょっとした息抜きさえ出来無い何てちょっと可哀想に感じます。

 

やはり、良いお仕事をして頂きたいので、プライベートぐらい、好きな事をいっぱい、して頂きたいとセツに思います。

 

だけど、本当に、イケメンの議員さんなんて、日本には、少ないので、やはり気になってしまいます。お兄さんの幸太郎さんと変わらない時期に一気に、乗り切り突破してもらいたいですよね。

 

例えば、何処かの国のプリンセスとか、どうでしょうかね。

いずれにしてもね年齢から見てもそう遠く無い時期にこうした事を克服して、爽やかな素敵なお相手を見せて頂きたいと思います。

突然ですが!小泉進次郎のお相手復興庁の女の名前は・・?

42421 23553

 

復興庁の女は元秘書、資産家のバツイチ女性(30)藤原紀香似の美女だと週間文春が報じています。

復興庁の女の名前は残念ながら出ていませんが、1年間の予定で米国留学のため日本を発つようです。

今回小泉進次郎氏との初ロマンスが報じられたが、噂が冷めるまで遠距離恋愛を続けるのでしょう。