Pocket

岩手県は生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表である小沢一郎衆議院議員の強固な地盤として有名です。
小沢一郎衆議院議員は政治家になった当初は自由民主党に所属していて最年少で幹事長になったほどの人物で政界を賑わせてきました。





その後自由民主党を離党して様々な政党を作っては壊していったので、壊し屋とも言われました。
その剛腕はよく知られており、民主党に入党してからは民主党を大きくし政権交代の大きな力となりました。
しかし野田佳彦氏が総理大臣の時に消費税の問題で野田氏と意見を異にして、民主党から追い出される形となりその後様々な政党を作っては解体し今では、生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表となっています。
この小沢一郎氏の地盤である岩手県は、小沢一郎氏に近い達増拓也が県知事をしています。
そして岩手県知事選が9月に行われるということで、大変に注目されています。
自由民主党にとっては小沢一郎氏は許せる存在ではなく、その息の根を止めるべく現職である達増拓也氏に対して強力な対抗馬を模索していました。
そこで白羽の矢が立ったのが平野達男氏です。
平野氏は元民主党の議員ですが、民主党を離党して先の参議院選挙では無所属から立候補して当選しました。
この平野達男氏に、自由民主党と公明党が岩手県知事選出馬へラブコールを送っていたのです。
平野達男氏は知名度が高く無所属で当選したほどの力のある人なので、平野氏を担いで現職の達増拓也氏の対抗馬にしようとしたのです。
ところが平野達男氏が立候補を取りやめたのです。
4月にはすでに立候補を表明していたにも関わらず突然の立候補取りやめの背景には、官邸の強い意向が働いたと言われています。
安倍晋三政権は最近まで支持率が高く、衆参で自公で過半数を握っていたこともあり盤石な政権運営をしてきました。
しかし安保法制の問題で、支持率が一気に急落したのです。


585
もし平野達男氏が参議院議員を辞職して岩手県知事選に立候補した場合には、県知事選の他に岩手選挙区で参議院議員補選が行われることになります。
仮に岩手県知事選で敗れ参議院議員補選でも敗れることになると、安倍政権のダメージは測り知れません。
そこで参議院補選が行われないようにするために、平野達男氏の岩手県知事選への立候補を断念させたと言われています。
自由民主党の支持率は大変高く、他の政党を圧倒しています。
ところが最近の県知事選は連敗が続いています。
滋賀県知事選で敗れ沖縄県知事選でも敗退し、保守王国である佐賀県知事選でも敗れています。
もし岩手県知事選で敗れたら痛手は大変に大きいです。
しかし県知事選は国政の影響は受けますが、県内の事情もあるので一概に国政に大きな影響を及ぼすところまではいきません。
但しもし参議院議員補選で敗れるようなことになったら、政権へのダメージは免れません。
来年の7月には参議院議員選挙が控えているため、改選を迎える自由民主党の議員から安倍政権では戦えないという発言が出てくることは目に見えています。
そういったことにならないために、岩手選挙区の参議院議員補選が行われるのを防ぐため平野達男氏の岩手県知事選への立候補を断念させたのです。
しかしこれはこれで不戦敗の謗りを免れません。
戦いもせずに敵前逃亡するということで、マスコミから一斉に叩かれることになるので結局は政権へのダメージとなります。
このダメージの方が戦って敗れるよりもましであるという考えで、平野氏の立候補をやめさせたというわけです。
いずれにしても安保法制の問題で、安倍政権の支持率が一気に下がりました。
来年には参議院議員選挙が控えている中で、今後どのような政権運営をしていくのかが注目されます。