Pocket

 

事故について

今月12日の朝に浜松市西区篠原町の国道交差点で信号待ちをしていたバイクに大型トラックがぶつかり6人が死傷した玉突き事故がおこりました。

トラックの運転手は自動車運転処罰法違反(過失致死)の容疑で現行犯逮捕されましたが、運転手は「居眠りしていた」と話していたことが調査関係者に取材をしたことで判明しました。
調査関係者によりますと、現場にはトラックのブレーキの痕がなかったそうです。





 

職場の過失

しかしこれは運転手だけではなく、職場の人間にも過失があったように思います。

トラックの運転手は勤務中だったみたいですから、運転中にブレーキをかけ忘れるほど眠くなるということは身体をかなり酷使していたのではないでしょうか。
そして、酷使する原因となったのは業務のあり方がおかしかったからではないでしょうか。
まだ、この段階では裏付けを取れていませんので何とも言えませんが、職場を管理する人たちには働く人のことをもっと考えてもらいたいです。
それが日本の悪いところだと思います。

 

逮捕された人と被害者

逮捕された運転手は大阪市此花区に住む55歳の男です。

浜松中央署は過失致死傷の容疑に変更し、詳しく事故について調べています。
それから浜松署は亡くなってしまったバイクの運転手が愛知県田原市の会社員だったと特定しました。
この人もこれから色々な人生が待っていたことでしょう。
53歳という若さで亡くならなくてはならなかったことが非常に残念でなりません。
トラックの運転手には人一人の命を奪ったことをしっかりと認識して罪を償ってもらいたいです。
それからこの事故には計4台の自動車等が絡んでいまして、バイクの前方に停まっていた自動車の後部座席に座っていた大阪府藤井寺市の小学生2人が全身を打ち意識不明の重体になってしまいました。
この小学生2人は夏休みのまっただ中、親の車で旅行にでも行こうとしていたのでしょうか。
楽しいはずの夏休みを最悪なものにされ、さぞ無念だと思います。
意識が無事に回復して後遺症もなく、これからの人生を楽しめることを願うほかありません。
それから自動車を運転していた小学生のお母さんと自動車の前方に停まっていた自動車に乗っていた愛知県豊田市の男女2人は軽傷でした。
お母さんは自分の子どもが大怪我をしてしまって、とても辛いと思います。
お母さんが心をこれ以上痛めないように警察には適切な対応をお願いします。
それから男女はドライブデートをしていたのでしょうか。
それとも会社の同僚や親族でしょうか。

事故の怖さ

いずれにせよ、軽傷で済んでよかったですが、場合によってはこの方々も大怪我をしたり、亡くなっていたこともあると考えると事故というものは本当に恐ろしいと思いました。

私も運転免許を持っていまして、運転する機会もまれにあるので、万全な状態で運転することを常に意識したいと思います。
そして、絶対にこのような悲惨な事故の加害者にならないようにしなくてはいけないと思います。


 

居眠り運転

浜松中央署は運転手が過労運転をしていたかもしれないということも視野に入れて13日に運転手が働く大阪市港区の運送会社を家宅捜索するとのことでした。

そして、運転手の勤務状況や運行のやり方を調べて裏付けを取るそうです。
居眠り運転なんて最悪ですし、なぜ眠くなってしまった時に途中どこかにトラックを停めて休憩をしないのか疑問です。
眠くなることは人間誰しもあります。
しかし、事故を起こさないように目がしっかりと見えている状態でなくては運転してはいけません。
眠くなったら運転を辞めなさいと免許を取るときにも教習所で教わったはずです。
一体何を教わって来たのでしょうか。
結果として6人もの人を巻き込んでしまいました。今後もこのような大きな居眠り運転事故がないよ居眠り防止策を調べました。

居眠り運転防止策

基本的に疲れている時や昼食後の13~15時は居眠り運転をする危険性があります。

  • 眠気をとる一番の最善方法は休息をとることです。
  • 脳を刺激するという意味で、硬いものを噛むのは居眠りに効果があります。例えばガムや昆布・せんべい。私のおすすめはあたりめです。
  • 眠気を催す薬の服用はやめたほうがいいです。
  • 唐辛子の小瓶を携帯して眠くなったら口に含む(笑)

居眠り運転防止機器

補聴器型の居眠り防止アラームは長距離を運転する方におすすめです。頭がグラッと傾いたりするとそれを感知してアラームや振動によって危険であることを知らせてくれます。ホームセンターやネットショップで1000円前後で購入できます。

その他、高額ですが居眠り防止装置(スリープバスター)などがあります。スリープバスターは座席のシートに座るだけでマットに内蔵されたセンサーから体表脈波を捉えリアルタイムでゆらぎ解析し自律神経のバランスから心身状態を推定します。自覚するより以前に「集中力の低下、眠気、切迫睡眠予兆現象」を捉え警告します。

 

居眠り運転防止グッズ

 

2005年2月11日 TBSテレビ「ジャスト」の旅行グッズ売れ筋ランキングで、安心君Part IIが第1位に選ばれ(東急ハンズ渋谷店調べ)、同月19日には東京12チャンネル「美川屋本舗ヒットの法則」で、安心君Part IIが取り上げられ、以来、今日まで 耳にはめる超ミニタイマーとして、さまざまな方々に多種多様な使われ方をしています。

・操作は簡単シンプル!30分キーと5分キーを押すだけ。※たとえば1時間25分を設定するときは、30分キーを2回、5分キーを5回押してください。
・設定時間範囲は、5分から9時間55分まで、5分間隔で設定できます。
・セット完了後、約4秒でカウントダウンが始まり、時間になるとアラーム音が10秒→休み→10秒の2回鳴ります。
時間を変更するときは、リセットボタンを押すと0:00表示になります。
アラーム音は一定の大きさに設定されていますので調節はできません。
バイブ機能、耳栓効果はありません。

4252