Pocket

サプリメントは買うな!

下記の記事を読んでみると、サプリメントは信用するな、いろんな成分は科学的に健康状態の向上を立証するほど身体に影響を与える物ではなく、単なる気休めなので、サプリメントを買うことでお金を使うなんて貧乏体質の人がすることだから貧乏体質から抜け出したいなら広告なんて信用しない方がいいですよ、と言いたいのかと思います。





 

広告コピーを信用してお金を失わないために
「ブルーベリーは眼に良い」として、ブルーベリーサプリを飲んでいる人に悲報があります。この話は、第二次大戦時にイギリス軍が流したニセ情報が発端ではないかと言われています。イギリス軍は夜間迎撃作戦で戦果を上げましたが、それは新型レーダーを導入したおかげ。

しかしそれは機密であったため、迎撃パイロットのカニング氏がたまたまブルーベリー好きだったことから、「ブルーベリーは眼によい」という情報を流したということです。

それをチャンスとばかりに企業が商品化し、ブルーベリーサプリの人気につながっています。

後日談もあり、戦後にイギリス医療当局が「あれはウソである」と注意を呼びかけた、という話まであります。

もっとも、このエピソードには諸説あり、本当のところはわからないとはいえ、「ブルーベリーに含まれるアントシアニンは視力回復に有為である」とする医学的データや臨床結果は、探しても出てきません。

そもそも健康食品が医学的効能をうたうことは、薬事法で禁じられているため、「効く」「治る」とは書けない。裏を返せば、「健康食品は、医学的には効果・効能が認められていない」と言っているようなものです。

医療当局の厳しいチェックも受けていなければ、治験などの臨床試験も行われていない。医学誌に論文として発表されてもいないため、再現実験といった第三者による検証に耐えうる根拠やデータもない。

■検索して調べてみるだけ

「医者でもないお前の話なんて、信用できない」と言われるかもしれないので、政府系機関である国立健康・栄養研究所が公表している「健康食品の安全性・有効性情報」というデータベースから、ちょっと長いですがご紹介します。

まずブルーベリーの欄から引用。

“俗に、「血管を丈夫にする」などといわれているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータが見当たらない。妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、食事以外での過剰摂取は避けたほうがよい。なお、「眼によい」等といわれ、サプリメント等に使用されるのは野生種のビルベリーであり、ここに記載した種類とは別種である。”

そこでビルベリーを調べてみると、こう書かれています。

“ビルベリーの果実はアントシアニン類などを豊富に含むため、俗に、「眼精疲労や近視によい」などといわれているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。安全性については、通常食事に含まれる量の果実の摂取はおそらく安全と思われるが、治療目的や大量摂取での信頼できるデータは十分ではない。”

では最後にアントシアニン。

“アントシアニンはポリフェノール類に属し、植物の花や果皮に広く分布するアントシアン色素のうちアントシアニジン (アグリコンと呼ぶ非糖質部分) の配糖体である。糖鎖の構成により多くの種類が存在し、ビルベリーやブドウに多く含まれる。俗に、「視力回復によい」「動脈硬化や老化を防ぐ」「炎症を抑える」などといわれているが、ヒトでの有効性・安全性については、信頼できるデータが十分ではない。”

行政が公表している情報なので、サプリを売る企業が言うよりも信頼度は高いのではないでしょうか。そして、そんな視点でサプリのキャッチコピーや広告をよく読み込んでみる。たとえばあるサプリの広告には、「次の方にオススメです」と、こんなキャッチコピーが踊っています。「パソコンやスマートフォンをよく使う方、細かい文字が読みづらい方、車の運転をよくする方に」

わかるでしょうか。なぜその商品がオススメなのか、その根拠は何か、摂取すると具体的にどんなメリットがあるのか、そういった意味のある情報は何も書かれていないのです。にも関わらず、善良な市民は企業のセールストークを素直に信用し、「眼に良いのでは?」と勝手に拡大解釈し、サプリを買い求める……。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10463696/

そもそも貧乏体質って?

一般的に、世界に流れるお金の90パーセントは、10パーセントの億万長者の人間の手に渡り、そうした人々の手からこぼれたお金を、あとの90パーセントの人々が、少しでも良い暮らしを目指して、それぞれの立場で日々、汗水たらして働いている訳で、このような一般的に、庶民と呼ばれる人たちはもうすでに貧乏体質になっていて、そこから抜け出す為に、サプリメントを買うことに慎重になったりしても、あまり意味のないことではないかと思うわけです。


 

もちろんひとつの例として、持ち出したことはわかっていますが、一般的な庶民が、セレブの仲間入りを果たすには、人気スポーツのプロ選手になったり、経営者として、大ヒット商品を世に送り出したり、スーパーセールスマンになって靴をする減らし営業したりすることで、貧乏体質というものから脱却することを目指すことになるかもしれませんが、一旦、お金持ちの仲間入りをしたとしても貧乏体質から抜け出せないまま、持っているお金を使い果たし元の汗水たらして働く生活に戻ってしまう人も多くいるわけです。

 

宝くじに当たった人などは特に、貧乏体質そのままに、お金の使い方を間違い、坂を転がり落ちていく姿なども、私たちはよく耳にします。

 

何か一生懸命働いて、家族や社会の中で価値を認められて、そこそこ健康に生きることで幸福だと感じているほとんどの人たちは、ある意味、貧乏体質なのではないでしょうか。

貧乏体質にならないようにするのは、10パーセントの人たちの仲間入りをして初めて考えることとして、まずは今の立場で一生懸命働きましょう。

 

広告は信用するな?

広告がこの世に存在するのはその効果があるからで、美味しそうにアイスクリームを食べる有名なタレントの広告を見れば、頭の中に記憶として残り、コンビニに行ったら買ってみようという気になってしまうのは、ごく当然のことでしょう。

たとえそのアイスクリームが思ったほどおいしくなかったとしても、まあこんなものだと納得するのが普通です。

でも広告を見た瞬間からあのアイスクリームはそんなにおいしいはずがない、きっと何か隠しているに違いない、調べてみないとわからない、などと考える人はほとんどいないでしょう。

貧乏体質を抜け出すには、そのように考えないといけないのでしょうか?

 

もちろんサプリメントとアイスクリームでは金額の違いはありますが言いたいことは、そういうことでしょう。

確かに賢くお金を使ううことは大切で、誰もがそうしたいと思っていますが、あまりお金を使うことに慎重になりすぎると、周りの人間関係にも影響を及ぼしかねません。

元気になるサプリメントなどと広告されて、まあだまされたつもりで購入してみたら元気になった気がするなどということもあり、かえっていろいろ調べすぎて神経質になるのも健康を害する原因になったりするかもしれません。

人を信用しなければ生きられない世の中

広告は、あまり信用するなというのがこの記事の一つのテーマかと思いますが、確かに食品異物混入や偽装、衛生問題など、不信感を募らせる話題であふれる世の中ですが、それでも人を信用せずには生きていけないこの社会です。

電車の網棚に忘れたカバンがそのまま持ち主に渡されることが多い日本という国で、汗水たらして働いて、貧乏体質でも人を信用して生きていくのが幸せならばそれでいいと思います。

 

 

お金持ちになるにはどうすればよいのか?

 

「金持ち」はなぜ金持ちになれたのか

まずは聞くことが大事!自分の自慢話や儲け話をする人にお金持はいません。

「なぜ耳がふたつなのに、口が一つなのか? それは、自分のことを話すより、 人の話を聞くほうがもっと大切だから」

ユダヤ人の格言

金持ちのホ・ユシクさんは「顧客は大物であればあるほど、こちらの表情を見ただけで能力を見抜く」と分析する。彼は、「顧客との信頼関係」を築くためにも、常に明るい表情でいることを心掛けた。「骨の髄まで楽観論で武装しなければ、鋭い顧客と渡り合うことはできない」というのが彼の経験法則である。

金持ちは「耳が大きい」といわれる。人の話を心して聞くということである。金持ちは評論家の辛辣な批判にも耳を傾ける。批判や不平から、自分が気づかなかった側面を受け入れる「真摯な姿勢」を持つ。

金持ちは「豊富な知識を自慢し自説をまくし立てる部類の人間の話」さえも熱心に聞く。あらゆる情報を頭にインプットしたうえで、実際に投資をする際の参考にするためである。受け入れ方によっては、批判も悪いこととは限らない。

「自分は何も言わず、ただ人の話を熱心に聞く人」は本当の金持ちによく見られるタイプである。彼らは金持ちであることを人に知られるのを嫌がる傾向がある。

「お金は人知れず静かに稼ぐもの。自慢話なんかしていたら集まるお金も集まらない。自分を華やかに飾って自慢する人のなかに、本当の金持ちはいない」

 

参考元:だから、金持ちになれた「すごい習慣」!(サンマーク出版)