Pocket

終戦から70年後の2015年8月15日、東京都千代田区の日本武道館にて政府主催の全国戦没者追悼式が開かれました。
式典には、天皇、皇后両陛下や安倍首相ら政府関係者と遺族の計7000人が参列しました。
国家斉唱、安倍首相の式辞、正午に1分間黙祷して、犠牲者の冥福を祈り、平和の重みと大切さをかみしめて改めて不戦を誓われた。





262

安倍首相は、『天皇、皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式をここに挙行致します。

遠い戦場に葬られた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遥かな異郷に命を落とされた御霊の御前に、政府を代表し慎んで式辞を申し述べます。

 

皆様の子、孫たちは、皆様の祖国を自由で民主的な国に造り上げ、平和と繁栄を享受しています。

それは、皆様の尊い犠牲の上にその上にのみあり得たものだということを、わたくしたちは片時も忘れません。

70年という月日は短いものではありませんでした。平和を重んじ、戦争を憎んで、堅く身を持ってまいりました。

戦後間もない頃から、世界をより良い場に変えるため、各国・各地域の繁栄のせめて一助たらんとして歩みを続けてまいりました。

そのことを皆様は見守ってきて下さったことでしょう。

同じ道を歩んでまいります。歴史を直視し、常に忘れません。あまたなる人々の善意のゆえであることに感謝の念を日々新たにしましす。

 

戦後70年にあたり、戦争の戦禍を決して繰り返さない、そして今をいきるせだい、明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いていく、そのことをお誓いいたします。

終わりに今一度戦没者の御霊に平和を、御遺族の皆様には末永いご健勝をお祈りし、式辞と致します』と述べられました。
天皇陛下は『「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、先の大戦においてかけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。


 

4262

終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。

 

戦後というこの長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省とともに今後、戦争が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に先陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります』とお言葉を頂戴しました。

 

陛下が戦没者追悼式で「反省」という表現を盛り込まれたのは初めてです。
8月15日は、戦争の番組も広く取り上げており、改めて戦争の悲しさ、辛さ、苦しさを伝えて下さいました。

平和な今では『平和』『命の大切さ』を主張することは容易ですが、戦争当時はそのようなことは思っても言えない時代だったこと、命を御国に捧げてこその時代だったことが分かり、本当に狂気の時代でした。
だからこそ、平和の大切さ、命の大切さを知り感謝を感じることを忘れてはいけません。
戦争の実体験者も年齢がどんどん上がり、どんどん少なくなっている今だからこそ、生の声を聞き、当時のことを知ることが再度問われるのではないでしょうか。
広島県では、原爆投下された8月6日に全校登校日として定められ、その日は原爆について、戦争について今いちど知り、平和を考える教育がなされていました。

この取り組みを私自身素晴らしいことだと感じています。この教育をぜひ全国、全世界で行われることが平和への大きな第一歩となるのではないでしょうか。
第二次世界大戦から太平洋戦争まで、戦争経済の出来事が絡んでいるという指摘もあります。
今は日本は平和を主張していますが、世界のどこかでは戦争が起こっています。

世界中が平和になることを切に願っています。