Pocket

2020年の東京五輪に向け、デザイナーの佐野研二郎氏が制作したエンブレムに盗作疑惑が持ち上がった問題、ここ数日はワイドショー等でも積極的に報道される事態となっています。
この問題が発展し、現在では遂に盗用元とされているベルギーのデザイナーから国際オリンピック委員会(IOC)に対してエンブレムの使用差し止めを求める訴えが起こされました。
それに対して、国内の反応や大会組織委員会の対応はどうなっているのでしょう?
また、佐野研二郎氏の過去の作品に対する別の盗用疑惑も持ち上がっていますが、その真意の程とは?





大会組織委員会がベルギーのデザイナーを非難

今回の騒動でオリンピックエンブレムの盗用元とされているベルギーの劇場ロゴをデザインした、オリビエ・ドビ氏が国際オリンピック委員会に提訴し、それに対して大会組織委員会が「我々の説明に耳を傾けようとせず、提訴という手段を選んだ」として非難するという状況になりました。

ここで少し分かりにくい事があるのですが、国際オリンピック委員会はスイスに本部を置く、オリンピックの世界的な主催団体です。

大会組織委員会とは、2020年の東京五輪の開催に当たって組織・運営されている、会長に元首相の森喜朗が就く日本の団体となります。
つまりベルギーのドビ氏を非難しているのは日本の組織であり、国際オリンピック委員会ではないという事を理解しておく必要があります。
これに対して日本のネットユーザーを中心に挙がっている声は「盗用疑惑の強いエンブレムは取り下げるべき、ベルギーのデザイナーは正しい対応をしている」というものです。
つまり、日本の大会組織委員会はエンブレムの使用を肯定し、日本国民の多くはエンブレムの使用に否定的であるという構図になっているのです。
大会組織委員会の一度東京五輪のエンブレムとして決定したものに対する盗用疑惑を認める事は避けたいという考えは理解出来ますが、なぜ東京五輪エンブレムは国民がドビ氏の対応に同調する程の強い批判を受けているでしょう?


 

佐野研二郎氏の盗用疑惑の信憑性と対応のまずさ

そもそも東京五輪エンブレムの盗用疑惑に関しては、確定と言えるようなものではありませんでした。確かにベルギーの劇場ロゴと似てますが、盗用を確定的と見るには至らない程度でした。

しかしその後に出て来た、サントリーのキャンペーン商品となったトートバッグなどに於ける佐野氏のデザイン盗用疑惑が、東京五輪エンブレム問題での佐野氏への批判と取り下げるべきだという意見を加速させる事となったのです。
トートバッグに使われたデザインは、誰が見ても確実に盗作だと言える物が複数見つかりました。
これを見たネットユーザーや評論家や著名人が、佐野氏のデザインに強い批判を浴びせる事となりました。そして盗用が確定的なデザインが使用されたトートバッグは、既に商品としては取り下げられています。
つまりは佐野氏がデザインの盗用を認めた形となったのですが、この件について佐野氏の妻が出したコメントが非常にまずいものでした。

内容を要約すると「部下が作った物で、佐野自身がデザインした物ではない。」という主旨のコメントでした。
例えそうであっても自身の名義で発表したデザインである事は変わりなく、部下の仕事によるものだとしても監督責任は問われるべきであり、何よりも部下の責任にするという姿勢にまたしても強い批判が集まりました。
こういった事が原因となり、東京五輪エンブレムに対しての取り下げるべきだという声は強まったと見れるのです。

 

東京五輪エンブレムが向かう先は?

サントリーのトートバッグなどの件は、東京五輪エンブレムとは関係無いという声もあります。

しかし、そういったスタイルで作品を世に出しているデザイナーの、盗用疑惑の掛かっているデザインをまして東京五輪のエンブレムとして使うのはどうなのかという視点を持つ方も多いです。

今後も佐野氏と大会組織委員会が主張している「東京五輪エンブレムは盗作ではない」という考えと、日本国民や一部著名人による取り下げるべきだという意見は対立し続ける事が予想されます。
新国立競技場問題などもあり、様々な物議が勃発している東京五輪の開催。
出来る限りクリーンで納得の着地が実現されればとは思いますが、まずはドビ氏の提訴による今後の動向を注目しましょう。