Pocket

ネトウヨという用語が使われ出してから相当の月日が経っています。
このネトウヨの定義については様々に言われていますが「ネット右翼」の略として使われていることが多いです。





 

ネトウヨとは?

インターネットの「ネット」と「右翼」を合わせた造語。
2ちゃんねるなどの掲示板やブログなど、ネット上で、右翼的な言動を展開する人々のこと。「ネット右翼」とも呼ばれる。
広辞苑による右翼とは、保守派、国粋主義、ファシズムといった立場をとる人、または団体を指すが、「ネトウヨ」は、これらの主義主張を唱える人だけに留まらず、自分自身の思想に反するネット上の意見に対し、攻撃的なコメントを展開する人々全般を含むことが多い。
例えば、特定の国や人種に対する差別的発言を繰り返したり、新聞社の社説や記事、テレビ局の放送内容に対する批判などを、過激に、または誹謗(ひぼう)中傷、侮蔑的表現として、掲示板やブログに投稿したりする人々が「ネトウヨ」と呼ばれる。
しかし、「ネトウヨ」についての明確な定義はない。
引用元:コトバンク

 

 

しかしネトウヨからするとネトウヨという言葉は存在しないと、自らはネトウヨであることを否定しています。
ネトウヨが台頭してきたのは、2ちゃんねるが出来てからです。
この2ちゃんねるの誕生により、自分の発言したいことを匿名でネットで書けるということでこういった人達が出てきたのです。
このようなネトウヨと呼ばれている人達の職業は様々です。
中には高額所得者の方もいますが、その殆どは収入が低く中にはニートであることも多いと言われています。
実際にコメントが書き込まれている日付が平日の昼間であることが多く、仕事をせずにネットの中で愛国心を強調するスレを立ててコメントを載せて暮らしている人も沢山います。
以前ネトウヨを特集した番組がありましたが、その番組に出た人は「私は軍師として雇ってもらえなければ働かない。ネットの中で軍師として采配を振るう」と息巻いていました。
勿論全てがこのような人達だけではありませんが、ネトウヨが多く集まる保守速報などは見ていて気持ちが悪くなるほどです。
まず何があろうとも安倍晋三総理を絶対的に支援しているところに、その特徴があります。
以前自由民主党のある議員が共産党をテロ政党と言ったことがありましたが、その後この自由民主党の議員は共産党の幹部に頭を下げ謝罪しています。
また現京都市議会議員で当時京都府議会議員であった維新の党の議員も同じような発言をし、橋下氏に激しく怒られ後に謝罪をしています。
これら問題発言をした議員たちに対して、ネトウヨは「当然のことだ」「本当のことを言えないこんな世の中は民主主義国家と言えるのか」と見当違いなことを書き連ねて喜んでいるのです。
また「法的安定性は関係ない」と発言した安倍総理の側近中の側近である磯崎首相補佐官に対しても「当然のこと」「これを問題にすること自体が問題」と書き連ねていました。
全くもって驚く限りです。
そして彼らに共通していることは、徹底的な韓国批判をすることです。
韓国を批判しているのが生き甲斐であるのかと思える位に、大きな出来事から小さな出来事までスレを立てて、多くの人がそれに対して韓国を罵倒する書き込みを行っています。
韓国批判と言えばヘイトスピーチで有名な在特会が有名ですが、橋下徹大阪市長と桜井誠在特会代表との会談で橋下氏が桜井代表を激しく非難すると、橋下氏に対する罵詈雑言でネトウヨが立てたスレが荒れに荒れていました。
とにかく韓国嫌悪の一言で、何でもかんでも韓国韓国なのです。
誰かが犯罪を犯したら「在日」と決め付ける始末です。
黒子のバスケの作者に脅迫文を送り付けた容疑者が「自分は在日ではないことを伝えてくれ。」と発言しましたが、その意味はここにあります。
こういった人種差別を煽るようなスレを立てているネトウヨですが、こういった人たちが立ち上げている保守速報に安倍晋三総理がコメントを載せたのです。
これは大きな話題となり、野党は徹底的に追求したため問題となりました。
なぜ安倍総理がこのような問題のあるスレにコメントを寄せたのかは、一目瞭然です。
それは自分の絶大なる支持基盤だからです。
今はインターネットの時代といわれるほど、沢山の人がインターネットを利用します。
こういった2ちゃんねるを見ている人も沢山います。
中学生や高校生を中心に排外主義が広まっているのは、こういったネトウヨが立てたスレを読み続けて洗脳されてしまったからなのです。
中学生や高校生は多感な年頃なので、こういったスレを読み続けると感化してしまうことが多いのです。


8909
そのためこのようなネトウヨの立てたスレに影響を受けてしまう中高生が増えています。
このことは日本国にとって決してプラスとは言えません。
さらにこのようなネトウヨが立てたスレに一国の総理がコメントを載せるというのは、大きな問題と言わざるを得ません。
今後ネトウヨは日本社会の中でどのような位置を占めるのは、その点を注視する必要があります。