Pocket

寝てる間に視力回復できるコンタクトレンズが

近視の矯正にはコンタクトレンズや眼鏡を使用していた時代から、レーシックによる視力矯正へと近視治療は変化してきています。

矯正グッズを使わなくても視力が回復することは、色々なメリットがありますし、レーシック人口が増えることで、費用も随分と安価になりました。





最近はレーシックなどの視力矯正や回復のための専門クリニックも目立つようになりました。

近視がひどすぎる人などは、眼鏡の縁が圧縮しても分厚く、かけると顔の印象が非常に悪くなるという人も、ますます増え、視力回復レーシックはブームになっているとも言えます。

しかし、レーシックは何十万円もの費用が掛かる上に、角膜を削るというのも怖いし、ましてや生活態度が変わらなければ、また再発ということも考えられ、二の足を踏む人もいます。

そんな人たちのためにか、つい最近、視力回復コンタクトレンズというグッズが現れました。

 

2525

就寝時に着けて寝ると、朝起きた時に、それを外した後もくっきりと見えると言うのですから驚きます。

視力回復コンタクトレンズが就寝中に作用する内容

しかし、この不思議なコンタクトレンズが、就寝中に人の目にどのような作用をして、視力を矯正するのかを知らなければ、不安で使えたものではありません。

この視力回復コンタクトレンズは、就寝中に角膜の形に癖付けをし、角膜の凸凹の変化により視力を回復させる一時的なものです。

当然、コンタクトレンズを連用しなければ、元に戻ってしまいます。だから、一回矯正すれば1日から3日の効果しか発揮できないのです。それに、癖付けされた角膜は、徐々に元に戻りますから、夜になると見えづらいということもあります。


 

レーシックと比べたメリットはどうなのか

18歳まではレーシックはできません。そのため、このコンタクトレンズに子どもの視力矯正を期待している保護者の方々も多いようです。

子どもの角膜は非常に柔軟性があり、視力回復コンタクトの効果が大いに期待できると言われていますから、なおのことでしょう。

動き回るのが好きな子どもたちにとって、眼鏡は邪魔になり、可哀そうですし、その強い期待は当然のことかもしれません。

それに、これは天下の東レとユニバーサルビューとの共同開発にようものですから、信頼もできるでしょう。利用している人たちによると、料金は3年間で15万円程度ということです。これからも寝ている間に視力矯正ができる魅力にひかれている人たちの話題として、どんどん広がるでしょう。

 

視力回復できるコンタクトレンズの値段とメリット・デメリット

まだ新しい技術ですから、これから改善されて優れたものになっていくのではないかとも言われています。

現に、出始めた当初は軽度禁止の人にしか効果がないものでしたが、今では強度の近視や乱視にも対応する視力回復コンタクトレンズが現れています。

今は、まだ需要がまだそんなにないものですが、これもレーシック同様に需要が高くなれば、さらに良いものが出てくるに違いありません。

メリットは増え、デメリットが少しずつ減っていくと思われます。しかし、どんなに高度なものになったとしても、個々の目に合わせる癖付けですから、常に診察に通う必要もあります。就寝中の寝相など、寝るときの姿などにも条件があります。それぞれのライフスタイルや性格などにより、デメリットとして捉えることは違ってきます。

色々な視力回復方法と比較して、自分にとって総合的によりメリットの高い視力回復方法を選ぶのが良いと思います。

 

視力回復コンタクトレンズの値段

定期検診の値段はだいたい5000円程度です。

軽度の近視の人は最初のレンズで希望通りの視力まで回復できる人も多いですが、強度の近視の場合、段階を踏んでレンズを換えていかないといけないので、そのつど新しい度数のレンズに換える必要がでてきます。

病院によっても異なりますが、その場合は最初よりも格安で帰られる場合もあります。また、通常レンズは2~3年もちますが、破損したりなどで買い換える場合は片目4万5000円~5万円程度です。このときもきちんと検査をして、自分に合ったものを選びます。

http://www.vinedochadwick.com/6480_1/6480_1_9.html