Pocket

無料翻訳アプリの機能を知り尽くそう

無料翻訳アプリといえば、日本語で書き込んだりマイクを使ったりすることで、すぐさま外国語に訳してくれるというテキスト入力や音声入力翻訳が基本的なものです。





しかし、翻訳がうまくできていなかったり、時間がかかったりするため、外国でのコミュニケーションには役立ちにくいという状態でした。

今やGoogle翻訳アプリ(iPhone/iPadに対応)Weblio翻訳アプリ(iPhone/iPadに対応)を先頭に、正確さとスピード面で機能がどんどんアップしています。

早いところでは2秒で翻訳してくれます。アプリを介して、日本語で話しかけたら相手に英語音声で聞いてもらい、相手は同様に英語でアプリに話しかけ、こちらは日本語翻訳を音声で聞くということも十分可能になりました。

手書き入力機能があるアプリなどは、打ち込みが苦手な人にはうれしい機能かもしれません。また、DoCoMoの無料翻訳アプリは同時通訳として有名です。キャリアが違っていても有料利用できます。ただし、電話を介する必要があります。

世界一周も怖くないかもしれない

翻訳の正確さやスピードだけでなく、翻訳できる言語数もどんどん増えています。

Googleの90言語を始め、多くの国の言語に対応している翻訳アプリも随分と増えていますので、世界一周旅行でも怖くありません。

222325 765765

 

ドラえもんの翻訳こんにゃくを所持しているような気分になります。


しかし、翻訳こんにゃくよりも優れている機能が、たくさんあります。

ホテルでのあちらこちらにある文書については、それを打ち込んで翻訳などというのは大変です。カメラで撮影すればすぐに望みの言語に翻訳ができるという機能を用いると便利です。

外に出た時には、これが非常に役立ちます。バスや電車などの交通機関や物品購入や食事処などにおいて、この撮影翻訳は、とても心強い武器になります。

また、これを用いると、日本語を外国語に翻訳して、ブログを作るのも簡単になります。外国語の本を読むときや外国語で仕事をするときにも、大いに助かります。

アプリによっては、撮影をしなくてもかざすだけで翻訳してくれるものもあります。ただし、その場合は、それのみのシンプル機能というものが多いです。

単一機能だけだけど、とても便利なアプリやオフラインでもある程度の便利機能を用いることのできる翻訳アプリもありますから、複数の無料翻訳アプリを用いて、場に応じた機能を用いると、さらに便利に利用できます。

言葉の壁を乗り越える翻訳アプリは必須なツール

何事も人と人はコミュニケーションが大事です。

言葉が通じ合わないと、誤解が生じることもあります。見知らぬ国で不本意なトラブルになるなどということもあります。

日本語を直訳したのでは、全く意図していない変な意味になり、相手に失礼なことをしていることもよくあります。

もちろん、翻訳アプリを用いても、文化の違いをわきまえてコミュニケーションを行うのは、無理があります。

お互いに受け入れにくいことも多く、相手に不愉快な言動をしてしまうこともあるでしょう。苦い体験は、国際的な考え方を学ぶ一つの経験としてのステップアップになります。

苦い経験も翻訳アプリがあるからこそ、どんな言葉が良くなかったか理解できるでしょう。

翻訳アプリツールを開発するプロジェクトチームの皆さんは、もちろん国際人です。

だから、近未来には、翻訳アプリに文化の違いを学べるようなスタディ機能も現れるかもしれません。

それまでは、今ある機能を上手に生かして、翻訳こんにゃく以上に優れた翻訳アプリを上手に利用しましょう。

もう言葉の壁なんかこわくありません。

 

SNSツールにも翻訳アプリツールを利用して、世界とつながっていくことも可能です。閉鎖的な日本人と言われないようにどんどん海外に出て、視野を広げましょう。