Pocket

てんかんで運転事故を起こす

まだ誰の記憶にも新しい8月半ばの東京のJR池袋前の歩道で5人の人が巻き添えになった痛ましい事故は、てんかんを持病に持つ医師が起こしたということで世間は賑わいました。

しかし、てんかんという言葉が強調されすぎて、てんかんが原因で事故が起きたという認識も世間に広まりました。

日本には100万人近いてんかん症状を持つ人がおり、身体が固まりけいれんをするとか意識を失ったりという状態を見たことがあるという人も随分といるでしょう。





だから、「やはり、てんかんは危ないから、自動車の免許を持たせることに制限を加えなければならない。走る凶器になる。」と騒がれだしたりもしました。

日本てんかん協会では「適切な医療のもとで正しい病気の理解と発作の観察と記録を行い、コントロールをする認識の上での自動車免許所持」を呼び掛けています。

てんかんが原因の痛ましい交通事故が複数起きているからです。

 

てんかんが原因の事故なのか

しかし、てんかん協会は、てんかんを持っているということだけで、てんかんが原因と決めつけるのはやめてほしい。」とも世の中に向けて訴えています。

てんかんを持っている人たちの偏見が助長されることを心配しての訴えです。

実際、この事件の原因について、てんかんとの因果関係も明らかにならない状態であるのに、不用意にてんかんの人が事故を起こしたと言わないでもらいたいと、警視庁に警告しています。

事故の原因は、居眠りをしていたと言いますから過労だったかもしれません。

原因が明らかでない状況の中、「てんかん」という言葉を公にすべきでないのです。

すでにてんかん患者への自動車免許取得を厳しく制限してほしいという声が広がっており、鎮静がしにくくなっています。

てんかんは服薬によりコントロールできるということを私たちは知って、自己管理ができているてんかんを持つ人たちにエールを送るべきではないかと思います。

「てんかん」であることを恐れているのは、世間の人たちよりも、それに苦しんでいる本人たちです。

彼らを怖いと非難するよりも、しっかりと自分を管理したいという気持ちを応援することの方が、てんかんによる事故防止につながるでしょう。

 

ラーメンとのかかわりも見逃せないてんかん

てんかんを持つ医師が事故前にラーメンを食べたということも有名になりました。

てんかんの薬を飲んでいる人が、化学調味料入りのラーメンを食べると、その中に含まれるグルタミン酸ナトリウムなどがてんかん薬のけいれんや精神運動や自律神経の発作を制御する成分と反応して倦怠感をもたらすのに、医師ともあろう者があり得るのだろうかと、その分野の専門的な知識のある人たちから疑問が呈されたからでしょう。


いつも専門医にかかり、薬を所持しててんかんをしっかりコントロールしていた人に一体何があったのでしょう。

 

病気に対する偏見に「待った」

けれども、そのミステリアスな謎を明かすことが大事なことでもありません。「てんかん」というワードに刺激を受けて、そこばかりが強調され、わくわくと楽しんでいるような状況も見受けられます。

「てんかん患者」は自動車に乗るなという非難も同様です。「てんかん」を敵視し、固定化した偏見を持ち、自動車事故を起こせば自動車運転から全てのてんかん患者を排除しようとします。

もし、疲労により危険な仕事をミスしたとしても、その関連の仕事からも排除しろという言葉が飛び交うでしょう。

エイズに対する偏見というのも未だに残っている日本で、そんな危険性は十分にあり得ます。

ましてやこのネット社会で、その広がりがどのような形に変わっていくかが非常に恐いとも言えます。

てんかん協会が病気への偏見を危惧して警視庁に「待った」をかけたのも当然のことでしょう。

 

てんかん発作の前兆

てんかん発作には、前兆のあるかた、ないかたとあります。

私も前兆がない発作を起こしていましたが、年数が経つにつれ、「あ、この感じって発作かも?」と、少しずつ分かるようになりました。前兆があることによって、自分を危険から守ることもできるのです。

みなさんが発作を起こす前に、何か感じたり、気持ち悪くなったり、というように、思い当たることはありませんか。まずは、自分の前兆を探してみませんか。

そのためにも、発作のことをカレンダーに詳しく書いておくことは、大切だと思います。

 

引用元:てんかん情報センター

 

 

てんかん発作の症状

てんかんの主な症状としては、痙攣や意識障害などの発作があげられます。てんかんの発作にはさまざまな型があります。

「動きが止まりボーッとする」「手足の一部をもぞもぞさせる」といった比較的軽度なものから「突然手足が突っ張る」「全身を震わせる」「バタンと倒れて体を激しく硬直させる」といった重度のものまであり、発作が繰り返し起こるのが特徴です。

患者さんによって発作型はだいたい決まっています。

引用元:

http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_46/mdcl_info.html

 

てんかん発作の原因

てんかんには、原因がわからない「特発性てんかん」と脳の病気や傷が原因といわれている「症候性てんかん」があります。

患者さんの割合としては、特発性てんかんが多くなっています。

てんかんは遺伝するという説もありますが、実際には遺伝子が関与しているのはごく一部であり、ほとんどは遺伝しません。

また、接触による感染もありません。

引用元:

http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_46/mdcl_info.html