Pocket

休眠口座って勝手に銀行が使っていいの?

銀行は10年以上、郵便局ではなんと5年以上出し入れなどの取引が全くないという口座で、金融機関側が連絡に努めても、預金者と連絡がとれない状態であると、全国銀行協会などの金融機関内規にはその銀行の収入になるとあります。

だから、これをどのように銀行が利用しようとかまわないのです。





 

2462

なかには、たった2年で休眠とみなし、管理費を取るという金融機関もあるくらいです。

亡くなってしまい子孫がいなかったり、あるいは遺族が知らなかったり、複数の通帳を持っているけれど管理がずさんで、引っ越しなどで忘れてしまったりなど、そのような休眠口座ができる事情は様々です。

その金額が全国で何百億円眠り続けているのです。

金融機関の利益として計上されているのですから、これを金融機関がどのように利用しようと自由です。金融機関が儲けるために使おうと自由です。

それを利用して、震災復興や福祉の向上などに利用してはどうかという意見も出ました。

 

休眠口座をどのように使うつもりなの?

政府は、この休眠口座を利用することに、いつの政権時代も乗り気でした。

しかし、一部の金融機関団体に反対されていましたので叶うことがありませんでした。

ところが、今は、国民の理解と立法措置、これから発生する休眠口座に限定という条件で、歩み寄る姿勢に変わったため、ボランティアやNPO援助を行おうという声があがっていますが、後々に国家の利益となるように起業援助などが良いのではないかと言う人もいます。


外国では、休眠口座が減らないように、ファンドなどで運用をしているのですが、日本でもそれが必要ではないかなど、意見や思いが飛び交っていますが、今のところ、そのための法案も、必要な規定が整理されておらず、隙間だらけですから、悪用されかねないという不安もあります。

 

自分の休眠口座が使われようとしているかも?

最終的には、この休眠口座のお金を預金保険機構に移して公益性のある事業に貸し出しをするという法案を作り上げるつもりのようです。

元々他人のお金ですから、何に使ってもかまわないというものの、全国で800億円以上に上る金額ですから、自分や家族の預金が休眠口座になっているものがある人は少なくないということです。

それでも、休眠口座を見つけたところで無効になっていて返してもらえないのなら、もうそんなこと関係ないというかもしれませんが、実は、金融機関側が無効であると口座所有者に言わない限りは、無効とならないのです。

だから、年間800億円の不眠口座があると言っても、400万程度は払い出しがされるため、役400億から500億円が不眠口座となっています。

口座の解約をしよう

一般的な解約と同じように印鑑と通帳、本人であることを証明するものを持っていけば解約をしてくれます。口座を復帰させることも可能です。利用の仕方の如何を問わず、勝手に自分の預金を使われてしまうというのは納得ができない人が多いため、自分の預金や故人の貯金を調べなおす人たちも増えてくるでしょう。昔は、預金をした支店、あるいは本店まで出向かなければ解約ができませんでしたが、今は最寄りの支店で解約が可能なところが多いですから、関係する金融機関のサービスについても調べておきましょう。今取引をしている金融機関に取り立ててもらうという方法もあるそうです。しかし、色々と費用が掛かるため、損をする可能性もあります。そして、今後は休眠口座を作らないよう気を付けることも大事です。普段から、使わなくなった口座を放りっぱなしにしないようにしたり、あちらこちらに口座を作り管理しきれない状態にしたりしないことです。転居の時には住所変更を届け出るということも忘れないようにしましょう。