客数減でも牛丼並盛の値下げは無理

300円から380円へと牛丼並盛の値段を上げた途端に、吉野家ファンは、どんどん減っていきました。

牛丼の並は300円を超えてはいけないものだという客たちの考え方があることが解ったものの輸入牛肉の価格推移はつかみにくく、牛丼並盛の価格を下げることに踏み切れない吉野家は、固定客を逃がさないことよりも、新しい客層の開拓をしようという方針へとかじを切りなおしたのです。

そこで、新しく作られたメニューが「べジ丼」でした。

多くの人たちの意見を聞くことをせず、トップだけの独断で作られたメニューでした。





斬新さをアピールして新しい客層を掴むための手段で、次の時代に勝負をかけると決めていたため、いろんな意見を聞く必要性が無かったのです。

売れることを考えずに作り出したという、このメニューを下ろされた店は迷惑極まりないですが、偶然にもヒットしたので良かったということでした。

固定客が求めない「ベジ丼」の評価

吉野家の利用者は、「こんな商品は吉野家らしくない」「こんなものを求めてはいない」という評価があちらこちらで飛び交いましたが、それを聞きながらも敢えてこの「ベジ丼」を出したのです。

P2880182

 

その後にはコンビニではできない「牛すき鍋御膳」というメニューも作りました。

吉野家にとっては、ライバルはすき屋や松屋などだけではなく、今ではおいしくて安い牛丼を置いているコンビニエンスストアでもありました。


そこで、同じもので競争をして、客を得ることよりも、他にないものを作ることで、離れる客よりも新しく入る客を増やすことを経営の中心に置いたのです。

吉野家という固定したイメージに固執することなく、また、無駄な競争をすることもなく、新しい分野を作り出し勝ち残ることにしたのです。

吉野家は、吉野家らしからぬ動きをすることで生き残ることを目指しているのです。

 

吉野家が開拓した居酒屋よりも安い吉呑み

吉野家の牛丼並盛は380円は変わりませんから、それにがっかりして吉野家から離れた人たちは残念ながら戻ってこないかもしれません。

しかし、べジ丼は健康食でおいしいと好評で、別の多くの人たちが集まるようになりました。

健康食がある吉野家のイメージをアピールできただけでも成功だったでしょうが、べジ丼がヒットしたことはさらにうれしいことだったでしょう。

吉野家は、さらに新しいタイプの店舗を作りはじめ、その店舗も増え続けているようです。

ちょい呑みができるようにした、居酒屋よりも安い店舗の「吉呑み」です。

内側を守ることよりも、外側に向かい開拓を続けることを経営の中核にしていることがよく解ります。

同じ土俵で勝負をして食い合いをすることは、お互いに共倒れになる可能性も高いですから、伝統よりも時代に合わせて新しい分野を開拓して進む方が躍進できると判断したからです。

 

今後の吉野家はどうなる

美味しいことと安いこと、そして早さの3リズムが吉野家文化と言われてきました。

この文化は今後も守り続けると言っている吉野家です。

しかし、常においしいことは守り続けたいが、他の二点については市場に応じて内容の割合が異なってくるということです。

安さの競争には資本の大きさが関わってくるというものの、競争に勝ったから黒字とは限らずばかげています。

資本力や規模などで勝負せずに、まず美味しさで勝負すること、そして、資本や規模の大きさ以外で勝る内容を見つけ出して前進すると明確に言っています。

今までの吉野家らしからぬ吉野家カラーが出来上がるかもしれませんが、その根底では、やはり吉野家文化が支えているということですから、きっと私たちのニーズにヒットする店舗やメニューが次々と現れると期待できるのではないかと楽しみにできそうです。