Pocket

矢沢永吉の成り上がり人生

矢沢永吉の人生は、いつも「やっちゃおう」という挑戦により切り開かれ、成り上がっていったと言います。

しかし、矢沢永吉の人生を見る限り、挑戦すればするほど、マイナスなトラブルに出会っているではないかと言われています。

確かに何億もの巨額横領事件に巻き込まれたことに至っては、挑戦人生による大失敗で、もうこれで人生ピリオドかと思われました。





しかし、彼の挑戦する人生というのは、リスクを悲観的にとらえずに、頑張らねばというエネルギーに変えてきました。

そのたびに立ち上がってきたからこそ、成り上がれたと矢沢永吉は言っています。

E_YAZAWA

 

今は、地上4階地下3階の大豪邸を建築しており、60歳を過ぎて、まだまだエネルギッシュさを見せているほどの人です。

そんな人ですから、人生は挑戦が大事なのだと60歳を超えても強く語る矢沢永吉のファンは、老若男女様々な層に広がり、たくさんの人が共感をしています。

 

しかし、共感をしつつも挑戦をせずに無難に生きる道を選んでいる人たちが多く、できないからこそ、矢沢永吉へのあこがれがとても強いのだろうとも言われています。

 

実際、昔とは違いほんのちょっとした言葉でネットユーザーたちに「私刑」という名でひどい目に遭ったり、SNSの影響で、急に学校や職場で総スカンに遭ったりということもあります。

普通にしていても明日の変化がどうなのかが解らない生活の中では挑戦ができない状況にあるのです。

しかし、「やっちゃえ日産」のコマーシャルの一言に、ああ、いいなあと思う人も増えているようで、ひとつ何かに積極的に取り組もうかという気持ちを持った人が、これから多くなる可能性があります。

5252


2525

日産の矢沢に重なる人生とは

高級車から軽自動車まで幅広く市場に売り出している日産ですが、トップのトヨタには全く追いつけないどころか、軽自動車オンリーの自動車会社にも負けてしまいそうな時期もありました。

つぶれそうになり外国の経営専門家に泣きつくこともありました。

多くの従業員たちを犠牲にしつつも、何とか日産は持ちこたえ、今に至ります。

今、自動ブレーキ標準装備という挑戦は、ある意味のるか反るかの大挑戦と言えます。

32533
技術力では完璧な自動ブレーキであっても、道路上での自動車操作には、考えられないほど多くの状況が予想されますから、安全面での研究もしっかり行っていると言いますが、実際に販売した後の道路上の事情には、予想外のこともあるかもしれません。

本来ならまだまだ躊躇するところですが、矢沢永吉の「やっちゃえ日産」に至ったのです。

 

「やっちゃえ日産」に含蓄するもの

自動ブレーキ標準装備やっちゃえ日産と言う矢沢永吉に惹かれて、あるいは、日産のこの挑戦を受けて、日産車を購入するのは安定した中年層以上ではないかと言われています。

けれども、この「やっちゃえ」に惹かれる若者たちも多く、日産の車種は多いですし、ファンの幅を広げる効果もあるのではないかと思われています。

矢沢永吉と日産の人生が重なり、「やっちゃえ」と挑戦を大事にしようと投げかけ微笑む姿に、今挑戦しようとすることの背中を押された人もいれば、挑戦できない世界でも何かに羽ばたいてみたいと未来にかけようと思った人もいるようです。

「やっちゃえ日産」の言葉で、矢沢永吉と日産の挑戦の両方を重ねてみる人も多く、矢沢永吉と日産に触発される、この「挑戦しよう」というこのCMは大成功と言えるでしょう。

後は、それにより。高級車から軽自動車に至るまで日産車が大いに売れ、道路上でさすが自動ブレーキと言われるほどに役立ち、トラブルが生じない優秀な車であることが証明されることを祈るばかりです。