Pocket

「たった200億円」の金が出せないの?発言

安保法案騒動のさなか、並行して行われた東京オリンピック失態騒動でしたが、法案が可決されたことで、今、なお人々の心は法案の廃案のストライキと全国のあちらこちらの路上講演など、オリンピックよりも安保騒動ばかりの日々が目に写ります。





しかし、改めて東京オリンピックの国際競技場問題について、オリンピック運営委員長が「たった2500万円も出せない国なのか」と吐き捨てたということが解り、「東京クズリンピック」組織委員たちは、みんなやめてしまえという、中川達也氏の絶妙な表現の怒りの言葉が発せられ、またもやオリンピック騒動がネット上に戻り、葛藤や非難が大きくなりだしたようです。

 

何を見て、何を考えていたのかオリンピック実行委員たち

委員会の皆さんは、ザハ・ハティト氏のデザインを見て、予算に合わないことや技術的に高い能力者が必要なことを知りながらも推し進めようとした先に、どのような日本の将来があるのか、思考せず、構想せず、調べず、杜撰な選定をした上に、国民に騒がれると修正で何とかしようとしました。

エンブレムデザイン問題にしても、チェックの甘さから盗用作品だと気が付かず選んでしまいました。

デザイン騒動に関しては、相手が著作権問題だと言っているにもかかわらず、相手方は商標登録をしていないから問題はないと推し進めようとしました。

 

競技場は、安倍さんの法案決議が目前であったからか、白紙撤回となりました。

エンブレムデザイン騒動は、別の人のものを盗用している明確な証拠が現れたため、白紙となりました。

白紙に撤回されたとしても、世界で日本そのものが恥をかいたことは白紙には戻りません。

 

江川達也氏の声は、国民みんなの代弁として、非常に響きの良いしゃれた言葉としてもてはやされています。


 

決定以前に何も考えずに単純に選んでしまった理由

国立競技場の予算を大いにはみ出していても、非常に素晴らしいものを作るのだから、国民の誇りになるだろうと考えて、その価値はお金に代えがたいと「たった2500億円」発言を委員長はしたのでしょうか。

日本が大きな災害から立ち直り、頑張っていることを示すのにふさわしいと思ったのであるとしたら、あまりにも短絡な考えであったでしょう。

エンブレムデザインにしても、どこででもありそうなものを選ぶことはどこかで盗用疑惑が叫ばれる可能性があるというのを予想できなかったというのも未熟すぎます。

 

佐野氏のデザインを作る姿勢は、他人のものを土台に発展させて自分らしいものに築き上げる、いわば「換骨奪胎」的なものですから、世界の注目を浴びる場においては、必ず不承知するデザイナーが現れてもおかしくはありません。

 

一体クズリンピック委員たちのコンセプトは何?

中川達也氏の怒り発言を受けて、「東京オリンピック主催のコンセプトが何もない状態だからこそ、このような失態があるのだろう」と推測する人もいます。

デザインも作りも立派な「たった2500億円」という国民の血税を使って作り上げた国立競技場を世界はどのように賞賛するのか考えると、経済大国日本は、やはり金持ちで見え張りだと思われるだけと分析する人もいます。

オリンピックが終了後、この怪物競技場をどう維持し、どう運営していくか、その後の負担が大きすぎ国民の苦しみになるようでは、確かにただの見栄です。

オリンピックのおかげで国が衰退するのでは嘲笑の対象にしかなりません。

震災に遭ったが世界の国々にもエールやヘルプをもらい、それを支えにしてこんなにも努力して、経済も回復しつつあるという姿を見せるのであれば、先々を見すえた競技場づくりが必須です。

デザイン問題にしても、使い古しでどっかで見たような気がするようなものでした。どこにもない一新した雰囲気のもので、日本の復興精神と世界への感謝を国々の平和の結びつきであるオリンピックに重ねたデザインを選択するべきでしょう。

 

クズリンピック委員たちが辞めてしまうことはないでしょうが、今までのような短絡で無能な考え方は辞めてほしいものです。