Pocket

愛知県春日井市のラーメン店で従業員2人を死傷させ、売り上げ金およそ250万円を奪った強盗殺人容疑で、元従業員の宮地良多容疑者(27歳)が29日に逮捕された事件で、宮地容疑者が20時間にわたり逃亡していたことがわかりました。





事件現場

6334
事件現場

逮捕容疑

愛知県春日井市高山町にあるラーメン店「うま屋ラーメン春日井朝宮店」に、24日の午前5時ごろから配送業者が配達に来て事件が発覚するまでの午前7時ごろまでの時間帯に、店の従業員の荻原典章さん(35歳)を鈍器のようなもので複数回にわたり頭を殴打し殺害、別の男性従業員(39歳)に対しても鈍器で殴り重症を負わせ、店内にあった金庫から現金およそ250万円の売り上げ金の入ったバッグを奪った容疑で逮捕されました。

 

任意での事情聴取中に逃亡

捜査員は27日に宮地容疑者が滞在していた大阪府に出向き昼頃には府内の警察署にて任意で事情聴取を行っていました。

 

するとアリバイにおかしな点があったため、愛知県警春日井署に任意同行を求め翌日28日の未明から聴取を開始しました。

 

ところが午後8時になると「任意なら帰らせろ」と言い出し、捜査員の制止を振り切って署の外へ出てしまいました。
捜査員は取り調べ中は携帯電話を持たないことが原則となっているため、応援要請の連絡がとれなかったという捜査員は約6時間にわたり1人で追跡し、署へと戻るように説得を続けましたが、任意のため引っ張ったり押さえつけることなどができず、宮地容疑者は29日午前2時頃、名古屋市の名鉄神宮駅付近で突然走りだし、そのまま行方がわからなくなりました。


 

宮地容疑者が「任意なら帰らせろ」と言い出したことで、2人いた捜査員のうちの1人が対応を検討するため捜査本部へと向かい、宮地容疑者と捜査員残り1名の2人だけになったところ、突然取調室を出た宮地容疑者は、もしかすると捜査員1人なら逃げ切れると判断したのかもしれません。

 

その後指名手配へ

逮捕状請求の決め手を欠く中、大阪府内にある宮地容疑者の親族の家で奪われた現金の一部とみられる195万円の入ったバッグが見つかりました。

そのため捜査本部は宮地容疑者の逮捕状を取り、29日逃亡中の宮地容疑者を全国指名手配しました。

そして同日夜に岸和田市内の宮地容疑者の実家の庭先に潜んでいるところを捜査員が発見し逮捕しました。

このとき宮地容疑者が所持している現金はわずかだったといいます。

宮地容疑者は逮捕後、「間違いない」と容疑を認めています。

 

宮地容疑者は被害店舗で勤務経験があった

深夜の営業を終えて帰るまでの時間帯を狙い、配送業者が配達に来るまでの時間までに犯行を終えていることや、金庫以外に荒らされた形跡が無かった点も含め、店内の構造や売り上げ金の管理、夜勤の体制などに詳しい者の犯行とみられていた今回の事件ですが、

 

宮地容疑者は2009年4月から系列店で働き始め、その後事件のあった春日井朝宮店では約5年間にわたり勤務をしており、今年の8月末に退職したばかりでした。

 

オーナーに話を聞くと、時間帯責任者(夜勤など従業員が少なく、店長不在の場合の責任者)になれば金庫の管理もするため、宮地容疑者にもその経験はあったはずだと話していることから、宮地容疑者は店内の構造はもちろん金庫についても熟知していたものと見られます。

 

現在の宮地容疑者は職業不詳のため、現金目的以外になにか恨みのようなものがあったのかなども含めて聴取が進められています。

 

亡くなった荻原典章さん(35歳)の傷痕は複数回に渡っており、死ぬまで何度も殴った強い殺意が感じられました。
それは宮地容疑者の顔が知られていたためなのか、他にも動機になることがなにかあったからなのか、今後の捜査の進展が待たれます。