Pocket

自民党幹部にとって信じがたい入閣拒否

「当選回数はともかく、年齢でも不足している」「やりたい人がたくさんいるからやらせてあげたら」という小泉氏の入閣拒否の言葉は、大臣を断る無礼者として自民党幹部の皆さんは、憤っています。

tanigakisannkeimsn11

無投票当選で見られるように、安倍内閣に物申せる人はいない中で小泉氏は敢えて入閣しませんでした。

自民党執行部の面々は彼のことを「無責任」とか「人気取りのパフォーマンス」と憤慨が治まらないのか、罵倒の限りをメディアにも振りまいています。





そもそも、自民党そのものが安倍内閣の「人気下落の鎮め石」に小泉氏を起用しようとしたことや噛みつかれることへの怖れの防御策として入閣を求めていたことは、国民にも見透かされていることでしたのに恥ずかしげもなく、非難のボールを連投しています。

 

前々から小泉氏は自分のことを「まだまだ雑巾がけ期間の政治家」だと断言し、入閣しない固い意志を示してきました。

そのような彼に対して自民党の皆さんが非難ごうごうであるのは、物言えぬ安倍氏に対して逆らえない「小心者」の義務を果たせないことへのごまかしであるとも見えます。

 

 

アベノミクスを堂々非難した小泉氏なのに

 

アベノミクスは円安で企業を活性化させて、富める者が富めば貧しい者もにも富が落ちてくるというトリクルダウン政策を行い消費アップを狙いましたが、期待倒れとなり強制的な企業の賃上げへとアベノミクス作戦は変更となりました。

 

しかし、あまりにも不自然に経済界をさわることは、どこかにひずみが出てきますから、その分を埋めるために税金や保険、年金と様々なところへしわ寄せがいつか来ます。

 

アベノミクスに騙されないと我々は叫んではいますが、何の力もありません。


だから、能力の高い政治家に期待をしたいものの、入閣により権力や地位を得ることに魅力を感じている人たちには、アベノミクス一刀両断など期待できません。

 

小泉氏は、明確にそれを非難している自民党員です。

であるのに、入閣を持ちかけられました。

そこには、飼いならしたいほどのパワーを持っている人だということが解ります。

 

しかし、小泉氏は東日本大震災の復興事業担当政務官として、復興事業の責務を果たすために奔走しており、入閣よりもそちらのほうが大事なことだと言いきり、10年はそれに携わりたいと望んでいます。

 

関連記事 小泉進次郎氏に初ロマンス!彼女は復興庁の女性

 

自民党とは烏合の衆なのか?党の意味するところ

 

色んな党が仲間割れしたり、くっつきあったり、新しい党もできる中、自民党という党も結束のためだけの党で、頭の中は、それぞれ色んな方向を向いている烏合の衆ではないかと巷では失望されている現在です。

 

そもそも自民党や共産党、公明党などに至っては、伝統ある党ですから、まず党の不易流行理念があるため、それに対し同じ政治的意思を持つ者たちが集まり、理想の政治を行うというものです。

 

小泉氏も本来の自民党の「変わらない理念」に共鳴をして入党をしているはずです。

その絆で結ばれるのが古くからある党の意味合いであるのに、権力や人気を得るための組織になり、だれの心にも良い政治を叶える一本化した芯となるものが見えません。

そのような人たちが、「安倍自民に愛想を尽かしている小泉氏の入閣拒否」を非難し続けるのも恥ずかしいことです。

 

ましてや非難をし続けるのはみっともなさすぎると言えるでしょう。

ますます、小泉氏だけでなく国民の心は離れていくでしょう。

どうでも良いから選挙に勝てる人がいれば応援し、入党をさせ、力をアップさせるという馬鹿げたことに時間と労力を費やすことよりも、本当に政治家資質のある優れた人が自ら入党したいという組織を作り上げ、本当に魅力ある自民党改革をしてもらえれば、いつしか烏合の衆も消え、悪政が敷かれることはなくなるでしょう。

 

小泉氏にエールを送る人たちの増加しているのは、多くの人たちがそれを願っているからなのです。