Pocket

5日放送されたテレビ朝日系「たけしのTVタックル」でインターネットで検索急上昇したワード「楽園企業」を取り上げ、紹介された未来工業。

創業して50年間一度も赤字を出さす、営業ノルマや売上目標はなく、年間休日は140日で残業もゼロ。





社員の平均年収は620万円

ととても信じられないホワイト業。そんな未来工業とは一体どんな会社なのでしょうか。そして創業者とは一体どのような方なのでしょうか。

 

未来工業では何を造っているのか

未来工業は1965年創業の建築用電気資材メーカーです。

製品は約2万点で、給排水設備やガス管を収納・保護するカバーなど水道やガスの資材も手がけていますが、メーンは電気資材で特に電気スイッチやコンセントの裏側に埋め込まれた「スイッチボックス」の国内シェアは8割にものぼります。
主な製品としてビニル電線管付属品ブールボックス、モール、ダクト、エアコン配管材、ウオルボックス、電力量計ボックス、取付板、ミライパネル、照明・支持金具、ケーブルラック、ケーブルカッシャー、OAフロアシステムなどがあります。

 

未来工業の特徴と独特のルールとは

岐阜県安八郡にある未来工業株式会社の社員は約800人ですべて正社員です。

売上高約250億円。
これだけ利益があれば従業員も忙しいだろうと思われますが、未来企業は日本一休みの多い上場企業と言われており、何と年間休日が約140日でとても休みが多いことに驚きます。

月に11~12日、週に2~3日休んでる計算になります。

 

しかもこの他に有給休暇が最大で40日あるので信じられません。

年末年始は19連休、黄金週間とお盆は10日間連続で休みで一日の労働時間は7時間15分、しかも残業もノルマの一切なしです。休みがとても多く、労働時間がとても少ないのが分かります。
そして社員を信頼するという理由でタイムカードもなく、2006年からは定年を70歳に引き上げ、60歳の給与水準を維持しています。

 

さらに面白いのが製造業なのに制服がないということです。

実は以前支給していた制服がダサいと工場の女性から不満があったのを機に辞めたみたいです。

 

その代わりに作業服代として全員に毎年1万円を支給することになり、社員は作業服を持参または私服でもOKになりました。
上司が社員に求めるホウレンソウ(報告、連絡、相談)も禁止に。

 

ある時営業部で抜擢されたばかりの管理職が、個々の売上げを棒グラフにした表を張り出したのを見た創業者である山田昭男はトップセールスマンは優越感を持っても、他の社員は会社に出てくるのが嫌になるという理由からそんなものは必要ないと却下。

 

会社のつきものの朝礼も管理職の自己満足にすぎないとして、どの部署でも行われていないといいます。
社員旅行は5年ごとに実施していて、全社員の約2億円の旅費は全額会社が負担。

この社員旅行で撮影した写真コンテストを実施し、優勝者には「会社設立の権利」が与えられるという特権が。
新事業を提案して役員会で認められれば、社内のプロジェクトで始め、将来的には独立資金などをサポートするなど、社員のやる気を出させ能力を活かせるシステムもあります。

 

亡き創業者山田昭男の理念とは

もともと父親の会社「山田電線製造所」で働いていた山田昭男は専務でしたが、いずれ社長と気楽さもあってかやっていた劇団「未来座」で演劇に夢中に。

 

しかしそんな息子に父親は「道楽者は置いておけない」とクビにされてしまい、しかも退職金も一切出ず、製品開発で父親と衝突をしていたこともあって1965年33歳のときに劇団仲間4人と起業したのが「未来工業」でした。

 

製品は父親の会社と同じ電気設備資材で、まずは電線を分岐する器具を作り、毎晩遅くまで働いていました。

当時の業界1位の松下電工(現パナソニック)に対抗すべく「よそにない一工夫を必ず加えよう」と合言葉の「常に考える」はここからスタートしました。
人をコスト扱いしたくないから全員を正社員として雇う。

 

頑張るために、面白いモノをつくるために労働時間を短くする。

思いつくことは自由にやろう、やって駄目なら元に戻せ、挑戦しての失敗ならよしといった他の企業とは違った考え方が出来るのは山田昭男の「常に考える」という理念のもと、どうやったら社員をやる気にさせることができるのか、という工夫が伝わってきます。
そして会社は社員を幸せにする場という考えから社員を働かせすぎないように残業はなし、年間休日140日という他の会社では考えられないような待遇ですが、山田昭男は残業をさせたら割り増しの残業代を支給する上に、作りすぎて売値が下がったら馬鹿みたいと言います。

 

定時で終われるようみんなで工夫し、さっさと切り上げる方が効率もチームワークもよくなるということです。

要は残業が当たり前になると仕事が間延びして効率が悪いということでしょう。
本当に羨ましいですね。

 

こんな企業に勤められたら人生が楽しくなりそうです。

今スウェーデンで労働時間6時間制が大きく話題を呼んでいるのをご存知でしょうか。

スウェーデン南部の都市ヨーテボリにあるトヨタの各サービスセンターでは、以前から1日6時間制を採用しておりその結果勤務するスタッフの満足度が増し、離職率が減り、就職希望者が著しく増えたそうです。

会社の業績は25%もアップしています。
大事なのは仕事の時間の長さではなく、いかに効率よく仕事ができるかという工夫がこれからは必要になるのではないでしょうか。

 

未来工業 求人募集 中途採用あり?

 

次のような方を歓迎します。

■未来工業を好きになってくれる人。
「実働7時間15分」「残業ゼロ」や「年間休日140日」「年功序列」といった、当社の働きやすさに惹かれる人もいるでしょう。
しかし、そこにはこれまでお伝えしたような理由があります。
そのような部分もきちんと理解したうえで、この会社で力を発揮していく覚悟のある方を求めています。

■自律の姿勢がある人。
現在の当社があるのは、これまでがんばってくれた社員一人ひとりの努力の成果。
何も言われないから自分はやらなくてもいいと、他の人の努力に寄りかかる人は求めていません。
「常に考える」姿勢や、命令されなくても自律して行うことのできる人を歓迎します。


■プラス思考でチャレンジできる人。
やってみてもいないうちから「失敗したらどうしよう?」は、当社では禁句。
失敗したら、そのとき考えればいい。ダメなら元に戻せばいいのです。
まずやってみる姿勢のある人を求めています。

■負けず嫌いの人。
年功序列だからといって、横並びをよしとする会社ではありません。
同じ年次の中で、ライバルと競争して自分を伸ばしていこうとする姿勢を求めます。

※社長は面接しません。
命令や強制をしない当社では、面接も採用も、各部署に任せています。
部署によって求める人材は異なり、その部署の人がいちばんよくわかっているから。
面接に社長が出てこないのは、部下に任せる社風の表れだとご理解ください。
もちろん社長も、入社後にみなさんとお会いできることを、楽しみに待っています。

引用元:https://job.rikunabi.com/2016/company/employ/r797871053/

選考フロー&スケジュール リクナビ登録 エントリー&OpenES提出。

OpenESによる書類選考を行い、通過された方に面接のご案内をいたします。

面接・筆記試験

内定
職種 【1】製品開発
【2】営業
おもな仕事内容 【製品開発】
新製品や、既存製品の改良のための開発です。●手がける製品は、電気設備や給排水設備の資材や工具。自社ブランドのオリジナル製品です。
●大切なのは、コスト競争よりも、付加価値で勝つこと。同業他社の製品にはない、当社製だけの使い勝手のすぐれた製品を、お客様からも期待されています。営業から情報を得るほか、自分でもお客様に話を聞きに行ったり、現場を見に行くなどして情報を収集。たとえば作業者が現場で取り付けに苦労している姿を見たら、困りごとを解決するアイデアを盛り込んだ製品を設計し、量産立ち上げまで見届けます。
●自分の手がけた製品は、発売後も売れ行きが気になるもの。期待どおりの結果でない場合は、何が足りなかったのか反省と情報収集を行い、次の製品に活かします。【営業】
自社製品の営業です。
販売先は商社(工事資材の問屋)。実際に製品を使うユーザー(工事業者)へは、商社から製品を販売します。●営業という職種名ですが、売り込むのは新製品発売時に特長や使い方をPRする程度です。
●最も重要なのは、ユーザーが何を望んでいるのか、現状のどんなことに不満を持っているのかといった情報を収集すること。工事現場や設計事務所にも足を運びます。自社ブランドのオリジナル製品を作る会社の営業として、他にはないアイデアを盛り込んだモノづくりに全力を注ぐ営業です。
●既存のお客様への営業がメインですが、新規開拓も行います。
●営業所として前年比アップを目標にしますが、ノルマはありません。【製造】
自社製品の製造です。
射出成形・押出成形といったプラスチック加工用機械のオペレーションが中心です。●決められたとおりでなく、常に考えることが求められるのが、当社の製造。特に当社では、生産技術という職種を置いていません。どうしたらもっと品質の高いものを速く生産できるかを考え、機械に工夫を加え改善して実現するのも、製造の仕事。恐れずチャレンジしてください。失敗したら元に戻せばいいのですから。
●社員の高齢化が進み、技術の継承が課題となっています。他社とは違った製品を実現する技術やアイデア、モノづくりに対する姿勢を、大ベテランから受け継ぎ、将来の未来工業を支えてほしいと期待しています。
●将来は、リーダーや工場長といったキャリアステップがあります。
勤務地 【製品開発】 本社(岐阜県安八郡輪之内町)
【 営 業 】 本社、全国の各支店・営業所
【 製 造 】 大垣・茨城・熊本・札幌・山形の各工場
※垂井工場(岐阜県/2016年完成予定)勤務の可能性もあり。
【 事 務 】 本社、全国の各支店・営業所
勤務時間 【製品開発】 フレックスタイム制(コアタイムなし) 標準労働時間 7時間15分
【 営 業 】 8:30~16:45 実働7時間15分
【 製 造 】 3交替制 8:30~16:45、14:45~23:00、23:00~翌7:15
【 事 務 】 8:30~16:45 実働7時間15分
給与 2015年4月 初任給予定額
■短大・高専卒 16万6900円
■大卒      19万6700円
■修士了     20万2100円
諸手当 家族手当、通勤手当、住宅手当ほか
昇給 年1回(2月)
賞与 年2回(6月、12月)
休日休暇 週休2日制(土・日、祝日)
夏季(9日)、年末年始(17日)
年間休日139日
有給・慶弔休暇
保険 健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険
福利厚生 ■昼食代補助/1食につき200円を会社が補助します。

■制服代支給/「制服がダサい」という女性社員の声で、制服を廃止。毎年1万円の制服代を支給しています。作業服や仕事用の服を購入してもいいし、私服で仕事をしてもかまいません。

■社員旅行/国内(毎年)、海外(5年に1回)。費用はおこづかい以外、全額会社持ちです。最近はイタリアへ。写真コンテストを行い、1位~50位の順位に応じた賞品が出ました。1位は「新規事業で会社設立の権利」。こうした企画も、社員が考えます。

■クラブ活動補助/部員数名でもクラブとして認定し、月1万円の活動費を補助。現在、約70のクラブがあり、ゴルフや釣り、サイクリングのほか、松本営業所には「信州温泉クラブ」なる名称のクラブもあります。

■70歳定年/将来の心配なく働ける70歳定年制。60歳~70歳の間で自分で選択できます。

引用元:https://job.rikunabi.com/2016/company/employ/r797871053/