12日午後0時半ごろ、JR埼京線池袋付近で、走行中の貨物列車が異音に気付き、緊急停止をしました。

このため埼京線の大宮~大崎間の上下線前線と湘南新宿ラインが運転を見合わせました。

区間ごとに順次再会したのは、午後7時45分です。約7時間不通となりました。





全線が再開しましたが計202本が運休して16万人に影響しました。

img_0

遅延の原因

貨物列車が緊急停止した原因は機関車内にある「パンタグラフ」の損傷が原因と言うことです。なぜ故障したのかを調べています。

 

パンタグラフとは

電車や電気機関車の屋根にある、架線から電気を取るための鉄製の枠組のこと。集電器。

引用元:http://d.hatena.ne.jp/keyword/

3462

今回の貨物列車のパンタグラフの損傷で7時間に及ぶ不通となりましたが、首都圏で遅延の多い路線を調べてみました。

 

首都圏で遅延の多い路線は?

朝のラッシュ時に10分以上遅延のある路線で、1週間あたりの遅延日数(10分間以上の遅延)によるランキングです。

  1.  埼京・川越線(大崎~武蔵高萩)
  2. 横須賀・総武快速線(大船~稲毛)
  3. 東海道線(東京~湯河原)
  4. 宇都宮・高崎線(上野~那須塩原・神保原)
  5. 中央快速・中央本線(東京~甲府)
  6. 中央・総武線各停(三鷹~千葉)
  7. 山手線
  8. 京浜東北・根岸線
  9. メトロ有楽町線
  10. メトロ半蔵門線
  11. メトロ千代田線
  12. 小田急小田原線(支線含む)
  13. 常磐快速・常磐線(上野~羽鳥)
  14. メトロ南北線
  15. メトロ副都心線
  16. 東急東横線  青梅線
  17. メトロ丸ノ内線
  18. 東急田園都市線
  19. 常磐線各停(綾瀬~取手)

※平日始発~10時を対象(JRは7時~11時、西武・東急は始発~9時)。

引用元:http://tabiris.com/archives/chien/

ランキングによるデータは朝の通勤ラッシュ時ですが、やはり、埼京線は首都圏と言うこともあり、遅延を起こす頻度が多いようです。

埼京・川越線(大崎~武蔵高萩)の朝のラッシュは5日に3日は遅れるという頻度だそうです。

この遅延頻度で列車の故障などが重なった場合、混雑の影響ははかりしれないものになるでしょう。

 

それでは逆に遅延の少ない首都圏の路線はどうでしょうか。


 

首都圏で遅延の少ない路線は?

首都圏での最も遅延が少ない路線です。

  1. 東急大井町線
  2. メトロ銀座線
  3. 京急本線(空港線除く支線含む)
  4. 相鉄本線・いずみ野線

首都圏の朝のラッシュ時における遅延発生は長距離路線か短距離路線によって生じるようです。

今回のように、朝のラッシュ時ではない時間帯での遅延でも16万人に影響を及ぼしました。

首都圏に住んでる方々は電車を利用される方が多いと思いますが、このような故障による混雑はいろいろなところに影響しますね。

会社であったり、家族、取引先との待ち合わせ、出張など他にも影響したでしょうね。

このような遅延は、対策のとりようがないですね。

私は電車を利用しないので詳細はわからないのですが、ネットで調べるとJR埼京線の遅延は非常に多いです。

乗客が多いから混雑して電車の遅延に繋がるのですが、根本の対策はとれていないようです。

 

埼京線の朝のラッシュ時は痴漢多発路線

調べていくと、どんどん道が外れていくのですが、埼京線は何年もわたり、痴漢が多発していて深刻な状況だそうです。

警視庁によると、2004年の首都圏路線での痴漢件数は2,201件と過去最悪を記録し、そのうち埼京線は217件と最多であった。

これは全体の約10%を占め、3日に2件は埼京線での痴漢として立件されている計算であり、2位の中央線快速(188件)、3位の中央・総武線各駅停車と京王線(121件)、5位の山手線(119件)を大きく引き離していた。

その後、痴漢の検挙件数は2005年から2年連続で減少し、2006年の調査では埼京線の痴漢件数は164件となり、中央線快速の217件を下回った。

ところが2009年1月 – 9月における統計では、都内の電車での痴漢件数は1,174件と減少しているものの、埼京線は被害件数の約12%の割合を占める146件で、再び最多となった(2位の中央線快速は114件)

引用元:ウィキペディア

 

埼京線で痴漢が多い理由

埼京線の痴漢が多い理由として、東京都内の主要繁華街である池袋・新宿・渋谷へアクセスしている、駅間距離の長さ、島式ホームの駅が多く長時間進行方向左側のドアが開かないため奥に入った女性客が狙われやすいことなどが挙げられている。

また、埼京線は赤羽駅・池袋駅・新宿駅・渋谷駅・大宮駅など乗降客の多い駅で、改札口や連絡階段直近の出口が1号車(大宮・川越方向先頭車)付近にあり、ここに乗客が集中するため、端の角(乗務員室側)に女性が追い詰められ痴漢が発生する現象も起きたとされている。

こういった要因が指摘されながら、根本的な改善策は打たれずにいる。そのうえ、インターネット掲示板に「埼京線は痴漢しやすい」などと書き込まれ、通勤・通学目的ではなく痴漢だけの目的で埼京線に乗車する者が現れるなど、さらなる痴漢を招いていることが問題となった

関連記事 痴漢は朝が一番多い?卑劣な犯罪にあわない方法と対策