Pocket

福岡、佐賀県境にある脊振山の登山道で17~19日、「クマのような動物を見た」との目撃情報が両県警に寄せられた騒動で、九州環境管理協会(九環協、福岡市)が目撃現場の一つで採取された動物のふんを分析したところ、イタチの仲間である「ニホンアナグマ」のものだったことが分かった。九州では絶滅したクマが生存していたのかと話題を呼んだが、協会や専門家は「この時期のアナグマは大きい個体もいる。目撃者がクマと見間違えたのではないか」としている。





出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

九環協は動植物の生態や環境の調査を行っている。研究員の大井和之さん(47)によると、福岡県警早良署が17日の目撃現場周辺で採取したふんを鑑定したところ、付着していた細胞のDNAの塩基配列などから、北海道を除く日本全国に生息するニホンアナグマのものと断定したという。
福岡市動物園によると、アナグマの体長は約50~70センチで、尾を含めると全長90センチ近くになる個体もいる。雑食で穴を掘るための鋭い爪を持つが、人を襲うことはないという。動物相談員の古賀晋さん(67)も「アナグマは越冬を前に、餌を食べ込んでずんぐりと太っている。背中や尻を見た人がクマと勘違いすることはあり得る」と話す。
18日に佐賀県警に寄せられた目撃情報は「動物が立ち上がった」という内容も含まれていた。アナグマは後ろ足だけで立つことはなく、大井さんは「これまでの調査から九州にクマは生息していないと考えられるが、断定はできない」という。その上で「野生動物は病気を持っているケースもある。登山道で大きな動物に遭っても近づかず、刺激しないよう注意して」と呼び掛けている。
=2015/10/22付 西日本新聞朝刊=


出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

ニホンアナグマとは?

235234

ニホンアナグマは北海道を除く、本州・四国・九州に分布し、山地の森林や雑木林、里山などに生息し、ふつうは雌とその子どもからなる家族単位で生活している。

主に夜間に活動し、ミミズや昆虫類、カエルやトカゲ、モグラやウサギ、鳥などのほか、果実や木の根、木の実、穀類など、何でも食べる。

巣穴は地面を掘って作られ、大きいものでは複数の入り口を持ち、家族によって何世代にも渡って使用される。
この間に内部は複雑に繋がり、様々な部屋が作られる。
単独で生活しているものなどは規模の小さな巣穴を作るが、同じ巣穴を長くは使わず、使われなくなった巣穴はキツネなどが利用することもある。

温暖な地域に生息するものは冬でも活動するが、ニホンアナグマは温度が下がる冬季にはクマのように冬眠する。
冬眠する期間はおよそ2ヵ月前後と言われているが、地域によって差があり、3~5ヵ月程冬ごもりするとも言われている。

平均気温が10℃を超える頃には活動をはじめると考えられているが、体重の季節変動が大きく、冬眠などに備えた秋頃の体は大きく、春頃に比べて1.9倍程になるものも見られる。

出典:http://www.pz-garden.stardust31.com/

 

ニホンアナグマは、よく農作物を食い荒らすことで知られており、特にトウモロコシが大好物で、九州ではタヌキよりもアナグマの方が増えている傾向にあると思います。

タヌキほど俊敏ではなく、のんびり屋なのか、視力が悪いのかわかりませんが、すぐ近くまで寄ってきます。

 

今回の登山者の目撃情報は誤報に終わりました。

アナグマを見たことがなかったのでしょう。