Pocket

巨大な小惑星が地球に向かってきています。大きさはサッカー場ほど。

しかも猛スピード(時速12万6000キロ)でハロウィーンの31日に地球の近くを駆け抜けるということです。

ですが天文学者らによると、衝突進路から完全に外れているため、何も怖がることはないということだそうです。





米航空宇宙局(NASA)によると、サッカー場程の大きさの小惑星「2015 TB145」は、時速12万6000キロという「異常に高い」速度で移動している。天文学専門サイト「アース・アンド・スカイ(Earth and Sky)」には、初期の試算で直径約470メートルと掲載された。

2015 TB145は、2027年までに地球に接近することが判明している天体の中で最大級となるとNASAは予想している。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

小惑星の大きさは

「大きさの試算が正しければ、この新発見の小惑星は、2013年2月にロシア上空の大気圏に突入したチェリャビンスク(Chelyabinsk)隕石(いんせき)の28倍の大きさを持つことになる」とアース・アンド・スカイは指摘した。

良い知らせは、2015 TB145が約50万キロという、安全が十分に保たれる距離で地球のそばを通過することだろう。この距離は、地球と月の間の距離の1.3倍に相当する。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

もし地球に直径400kmの隕石が地球に衝突したら・・

 

あまりにもショッキングなシュミレーション動画ですが、もし地球に直径400kmの隕石が落ちたときの計算ができているようですね。


12444

日本が剥がれて吹き飛んでいくというもので、津波と同時に地殻が大気圏を越えるほどの威力で地球全体に広がっていく様子がわかります。

33583

654656

今回のハロウィーンの小惑星最接近は地球をかすめていきますが、ロシアの大気圏を突入した隕石のようなこともありました。

宇宙ではこのような隕石衝突の危険があり避けようがありません。

しかし、確立の低いことなので気にするようなことではありません。

 

2015 TB145は、実際には地球より月に接近し、月から約29万キロの距離をかすめて通過するという。

当日の観測は、望遠鏡へのアクセスがある天文学者らは可能だが、一般人が裸眼で空を見上げても見つけることは難しいと考えられている。

2015 TB145が最接近する時間は、米東部時間10月31日午前11時14分(日本時間11月1日午前0時14分)

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

【 動画 】直径400kmの隕石が地球に衝突したら・・・。