Pocket

マイナンバー制度で必要になってくる証明写真をコンビニのサークルKで簡単に作るやり方の説明をします。

 

コンビニはサークルKの他にもローソン・ファミマでできますが、今回はサークルKの印刷機を使って証明写真を作るやり方です。

 

では、やり方を説明していきます。





22151

 

やり方1、スマホアプリ対応 PrintSmashをダウンロード

 

スマホアプリ対応の、 PrintSmash(プリントスマッシュ)をダウンロードしてください。

 

アプリのPrintSmash(プリントスマッシュ)は、スマホに保存された写真やPDFファイルを、Wi-Fi通信を利用して印刷できる優れものです。

 

サークルK(コンビニ)に設置されているシャープのマルチコピー機で印刷できるアプリです。

 

証明写真用に撮影した写真や取り込んだ画像をプリントします。

「写真をプリントする」を選択します。

11
出典:https://play.google.com/

 

選択した写真を送信するわけですが、ここからはサークルKのコピー機の前での説明になります。

「送信」はサークルKのコピー機の前で行ってください。

 

※ コンビニは他にローソンやファミマでも同じシャープのコピー機が置いてあるので、内容は同じです。

 

2
出典:https://play.google.com/

 

この方法で証明写真をコピーすると、各店舗の前や、室内に設置してある証明写真専門の料金よりもぐっとお安くなります。

 

私はイオンの前に設置してあった証明写真から、運転免許書の証明写真を撮ったのですが、確か700円しましたよ。

高いですよね。

 

 

ましてや、自動車教習所で証明写真を撮っていたらそれ以上かかります。

それだったら、便利なスマホから、無料のアプリなのでそれを引っ張り出してきて、サークルKに行ってコピー機で印刷すれば200円で済みますから、これを使わない手はないでしょう。

 

 

やり方2、サークルK(コンビニ)のコピー機操作画面の説明

 

 

6444
出典:http://www.sharp.co.jp/

 

①サークルKの印刷機の操作画面から、

写真をプリントする場合:「プリントサービス」「写真プリント」「スマートフォン」の順に選択します。

 

33
出典:http://www.sharp.co.jp/

④Wi-Fi接続を確認ください。



iPhoneをご利用の方は、Wi-Fi設定を行ってください。マルチコピー機の操作画面に接続先とそのパスワードが表示されます


Android をご利用の方は、自動で接続されます。接続されない場合は、手動でWi-Fi設定を行ってください。
Wi-Fi接続が確認できたら、「次へ」ボタンを押して下さい。

接続先の先頭の数字は、環境により異なる場合があります。

 

4
出典:http://www.sharp.co.jp/

 

5
出典:http://www.sharp.co.jp/

 

②スマートフォンからPrintSmashを選択
PrintSmash を選択してアプリを起動し、プリントしたい写真を確認します。


③スマートフォンのWi-Fi接続設定を確認
接続先がマルチコピー機の操作パネルに表示されますので、ご利用のスマートフォンのWi-Fi設定を確認し、接続されていない場合は設定してください
Androidは自動で接続されます。

④写真またはPDFのデータを送信
PrintSmashアプリから写真やPDFを送信します。
⑤データ送信を完了した後、画面に従いプリント
操作画面に従って、プリント方法や用紙などを選択し、プリントしてください。

⑥データ送信完了後、「通信終了して次へ」を選択し、操作画面に従ってプリント方法や用紙などを選択し、プリントしてください。

引用:http://www.sharp.co.jp/

 

証明写真は5パターンあります

 

140909_photo-pics21
出典:http://www.circleksunkus.jp/

 

証明写真の規格では4,5×3,5cmです。

 

マイナンバーの写真規格

マインナンバー個人カード顔写真について

 

mynumber02
出典:http://www.studioup.jp/

 

 6ヶ月以内に撮影した、無帽・正面・無背景・肩口まで入った、縦4.5センチメートル×横3.5センチメート。

 

次の場合は証明用写真として使えません。

  • 顔や頭部がはみ出て枠に収まっていない
  • サングラスやヘアバンドなどで顔の一部が隠れている
  • 眼鏡のレンズが反射している
  • 笑顔など表情が通常と異なる
  • 正面を向いていない
  • 顔が左右に傾いている
  • 背景がある
  • 不鮮明である
  • 焦点があっていないなど

 

マイナンバー制度に対応していろんなサービスが提供されるようになります。
その場合、余計な料金が発生します。

 

今はスマホなどで簡単に情報が見つかる世の中です。

いかに安くできるか、いかに便利になるかはあなたのスマホの使い方(インターネット)次第です。

より良い生活が楽しめるよう工夫して見てください。