熊本県益城町で大きな地震があり、今もなお、余震が続いています。

この余震も1週間ほどは続くのではないかと思うので特に熊本県民の皆様はご注意ください。

家屋倒壊や火災、1万6千戸が停電しています。

朝にならないと全体の状況が確認できませんが、東日本大震災以来の震度7ですので、被害状況が心配されます。

今回は内陸型の地震なので、津波が発生しなかったのが、救いですが被害状況はまだわかっていません。

7
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/





警察庁によりますと、午後10時45分現在、熊本県益城町で家屋が倒壊して人が下敷きになっているという通報が6件、人が閉じ込められたという通報が6件あるということです。また、熊本市内ではエレベーターに閉じ込められたという通報が1件あるということです。これまでに入っている通報では、益城町に被害が集中していて、町内で火災が起きているという情報もあるということで、警察庁が確認を急いでいます。一方、警察の施設への被害はないということです。警察庁は熊本県にヘリコプターや九州管内の警察から部隊を派遣したり、現地の警察と連絡を取ったりして被害情報の収集を急いでいます。
引用:http://www3.nhk.or.jp/

火災も数件発生しています。

2
引用:http://www3.nhk.or.jp/

熊本市内の病院に70人以上の人が搬送されています。

3
引用:http://www3.nhk.or.jp/

灯ろうなどが倒れた惣領神社=熊本県益城町で2016年4月14日夜、出口絢撮影

そう言えば・・

熊本城は?

熊本城はどうなった?

熊本城の石垣も崩れています。

今までにも何回か強い地震はあったのですが、石垣が崩れるほどですから、地震の揺れの大きさを物語っています。

1
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

ライトアップされた熊本城

現在は停電していると思われます。

P1000903
出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/

 

ツイッター画像

熊本益城町周辺の家屋被害状況をツイートしている方がいましたので掲載させていただきました。

11

熊本の酒屋さんも被害が出ています。

12

コンビニでしょうか。

ペットボトルが散乱しています。

13

 

 

過去の熊本の地震

熊本もこうやって見ると地震が多いですね。

しかし、震度7クラスは熊本では始めてのことだったのではないでしょうか。

今後、被害状況が明らかとなってきますが、今後も引き続き、余震が起きますので、2次災害3時災害と十分注意していただきたいと思います。

 

引用:ここからhttp://www.sougen10.jp/

熊本県下に大きな被害をもたらした地震としては、明治22 年(1889 年)7 月熊本付近を震源とした地震(死者20 人、負傷者52 人、家屋の全壊228 戸)等が記録されています。県内に被害をもたらした主な地震(県内の最大震度4以上)は、次のとおりです。


  • 1619 年5月1日(元和5.3.17)肥後八代N32.5゜ E130.6゜
    M:6.0 麦島城をはじめ公私の家屋が破壊した。
  • 1625 年7月21 日(寛永2.6.17)熊本N32.8゜ E130.6゜ M:5~6
    地震のため熊本城の火薬庫爆発、天守付近の石壁の一部が崩れた。城中の石垣にも被害、死者約50人。
  • 1723 年12 月19 日(享保8.11.22)肥後・豊後・筑後N32.9゜ E130.6゜ M:6.5
    肥後で倒家980、死者2。飽田・山本・山鹿・玉名・菊池・合志各郡で強く、柳川辺でも強く感じた。
  • 1769 年8月29 日(明和6.7.28)日向・豊後・肥後N33.0゜ E132.1゜ M:7 3/4
    延岡城・大分城で被害多く、寺社・町屋の破損が多かった。熊本領内でも被害が多く、宇和島で強く感じた。津波があった。
  • 1792 年5月21 日(寛政4.4.1)雲仙岳N32.8゜ E130.3゜ M:6.4
    前年10 月8 日から始まった地震が11 月10 日頃から強くなり、4 月1 日に大地震2回、前山(眉山:天狗山)の東部がくずれ、崩土約0.34km3 が島原海に入り津波を生じた。対岸の肥後でも被害が多く、津波による死者は全体で約15,000、潰家12,000。「島原大変肥後迷惑」と呼ばれた。
  • 1828 年5月26 日(文政11.4.13)長崎N32.6゜ E129.9゜ (M:6)
    出島の周壁が数カ所潰裂。天草で激しかったという。天草の海中で噴火に似た現象があったという。
  • 1889 年7月28 日23 時45 分(明治22)熊本付近N32.8゜ E130.7゜ H:極浅
    M:6.3 熊本地震 飽田郡を中心に熊本県下で被害大。死者20・負傷52、家屋全壊228・半潰138、地裂880、堤防崩壊45、橋梁壊落22・破損37、道路損壊133。柳河地方でも潰家60余。肥後・筑後地方で強震
  • 1894 年8月8日23 時19 分(明治27)熊本県北部N32.8゜ E131.0゜H:極浅
    M:6.3 阿蘇郡永水村で家屋土蔵破損15、石垣の崩壊が多かった。長陽村で家屋破損1、石垣崩壊9。
  • 1895 年8月27 日22 時42 分(明治28)熊本県北東部N32.8゜ E131.0゜H:極浅
    M:6.3 阿蘇郡山西村で土蔵破損400、堤防亀裂8、石垣崩壊22、石碑・石灯籠の転倒多し。永水村で家屋破損5。その他の諸村で小被害。肥後・筑後地方で強震。
  • 1906 年3月17 日21 時20 分(明治39)熊本付近N32.8゜ E130.8゜
    熊本市内で陶器店・ガラス店にて多少の被害。最大震度Ⅳ:熊本
  • 1907 年3月10 日22 時03 分(明治40)熊本付近N32.9゜ E130.7゜ H:極浅
    M:5.4 煉瓦煙突破壊1、家・倉庫壁の亀裂3などの軽被害。最大震度Ⅳ:熊本
  • 1909 年11 月10 日15 時13 分(明治42)宮崎・熊本県境N32.3゜ E131.1゜ H:150km
    M:7.6 震域広く日向・土佐で潰家・死者あり。宮崎市で被害大。県内で負傷3。
    最大震度Ⅴ:宮崎・大分・鹿児島・佐賀・岡山・徳島・広島など。震度Ⅳ熊本。
  • 1931 年12 月21 日14 時47 分(昭和6)八代海N32.5゜ E130.5゜ H:10km
    M:5.5 大矢野島群発地震。22 日と26 日にM:5.6、5.9 の地震(下記)。21 日、22 日の地震により八代町沿岸に多少の被害。26 日の地震により八代郡田浦付近で壁の剥落50
    ~ 60、堤防亀裂、石垣崩壊等の被害。大矢野島の護岸・堤防決壊す。最大震度Ⅴ:牛深。
  • 1931 年12 月22 日22 時08 分(昭和6)八代海N32.6゜ E130.6゜ H:0km
    M:5.6 被害は上記の地震と重複。最大震度Ⅴ:牛深
  • 1931 年12 月26 日10 時43 分(昭和6)八代海N32.6゜ E130.6゜ H:10km
    M:5.9 被害は上記の地震と重複。最大震度Ⅴ:牛深
  • 1937 年1月27 日16 時04 分(昭和12)熊本県中部N32.7゜ E130.8゜ H:30km
    M:5.1 上益城郡秋津村で長さ10 間(18m)幅3 尺(0.9m)の石橋崩れ落つ。最大震度Ⅴ:牛深
  • 1941 年11 月19 日01 時46 分(昭和16)日向灘N32.0゜ E132.1゜ H:0km
    M:7.2 日向灘地震。大分・宮崎・熊本の三県で死者2・負傷18、家屋全壊27・半壊32
    その他、石垣崩壊、煙突破損、道路破壊等あり。宇和島・宿毛でも軽微な被害。九州の東岸・四国の西岸に津波襲来し、細島・青島・宿毛で波高約1m。船舶の転覆流失あり。干潮時のため津波による陸上の被害なし。余震多く、30 までに有感23 回・無感71回
    最大震度Ⅴ:宮崎・人吉・宿毛・延岡
  • 1968 年2月21 日08 時51 分(昭和43)宮崎県南西部N32.0゜ E130.7゜ H:0km
    M5.7 えびの地震。2 月10 日頃から前震あり、この地震に引き続き21 日10 時45 分(M6.1)、22 日19 時19 分(M:5.6)にも地震があり、これらの地震で被害が発生した。多数の余震あり。死者3・負傷42、家屋全壊368・半壊3,176、非住家被害 1,494、道路被害73、橋梁損壊9、堤防亀裂4、山(崖)崩れ44、鉄道被害6、通信施設被害100。最大震度:Ⅴ:人吉
  • 1968 年2月21 日10 時45 分(昭和43)宮崎県南西部N32.0゜ E130.7゜ H:0km
    M6.1 えびの地震の最大規模の地震。被害は上記の地震と重複。最大震度Ⅴ:人吉。
  • 1968 年2月22 日19 時19 分(昭和43)宮崎県南西部N32.0゜ E130.8゜ H:0km
    M5.6 被害は上記の地震と重複。最大震度Ⅳ:人吉。
  • 1968 年3月25 日01 時21 分(昭和43)宮崎県南西部N32.0゜ E130.7゜ H:10km
    M5.4 えびの地震の余震。死者3、住家全壊18・半壊147、非住家被害309、道路損壊6、橋梁破損5、山(崖)崩れ11、通信施設被害97。最大震度Ⅳ:人吉。
  • 1975 年1月23 日23 時19 分(昭和50)熊本県北東N33.0゜ E131.1゜ H:0km
    M:6.1 阿蘇郡一の宮町手野地区に被害集中。負傷10、道路損壊12、山(崖)崩れ15。最大震度Ⅴ阿蘇山
  • 1984 年8月7日04 時06 分(昭和59)日向灘N32.4゜ E132.2゜ H:33km
    M:7.1 宮崎・大分・熊本の各県で被害。負傷9、建物一部破損319 など。弱い津波があり、延岡で18cm を記録。最大震度Ⅳ:宮崎・延岡・油津・大分・熊本・宇和島。
  • 1987 年3月18 日12 時36 分(昭和62)日向灘N32.0゜ E132.1゜ H:48km
    M:6.6 宮崎県で被害大。死者1・負傷若干のほか、建物・道路などに被害があった。大分・熊本県で被害あり。最大震度Ⅳ:熊本、阿蘇山、人吉。
    〔熊本県の気象百年(熊本地方気象台)による〕
  • 1997 年3月26 日17 時31 分(平成9)薩摩地方N31゚58.7′ E130゚.21.6′ H:8km
    M:6.3 水俣市を中心にシラス崩れ、壁の亀裂、窓ガラス割れ、落石等の被害発生。最大震度:4(熊本市京町、八代市、松橋町、人吉市、牛深市、芦北町、大矢野町)
  • 1997 年5月13 日14 時38 分(平成9)薩摩地方N31゚56.9′ E130゚.18.1′ H:8km
    M6.2 水俣市を中心にシラス崩れ、がけ崩れ、屋根瓦の落下、家屋のひび割れ等の被害発生。最大震度:4(八代市、松橋町、人吉市、芦北町、大矢野町)
  • 1999 年3月9日12 時53 分(平成11)阿蘇地方N32゚56.6′ E131゚.00.8′ H:10km
    M4.5 西原村、長陽村等においてブロック塀の倒壊、屋根瓦の落下、落石等の被害発生。最大震度:4(旭志村)
  • 2000 年6月8日9時32 分(平成12)熊本地方N32゚45.3′ E130゚.45.3′ H:10km
    M4.8 益城町、嘉島町、御船町で屋根瓦多数落下、砥用町で落石被害発生。最大震度:5弱 (※富合町、※嘉島町)
  • 2001 年1月10 日19 時33 分(平成13)阿蘇地方N32゚48.2′ E131゚07.7′ H:6km
    M3.9 高森町で落石、水道管破裂、屋根瓦の落下、窓ガラス破損等の被害発生。最大震度:3(産山村、※波野村、※蘇陽町、白水村、※久木野村、※長陽村、※清和村)[高森町の文部科学省設置の地震計で震度5強を表示]

引用:ここまでhttp://www.sougen10.jp/